2020年ナンバーズ4の購入テクニック【10万円でできるかな】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「10万円でできるかな」(2020/07/06放送)でネットで購入できる宝くじでどのくじが1番当たるのかを検証。そこで紹介されたらNUMBERS4の購入テクニックをまとめました。

 

 

 

ナンバーズ4を当てるためのテクニック

2020年7月6日放送「10万円でできるかな」で紹介されたテクニックです。

あくまでもテクニックなので購入は自己責任でお願いします。

ナンバーズ4とは

4つの数字を選ぶという宝くじです。

購入方法はストレート(順番も一致する)ボックス(順番は関係ない)セット(ストレートとボックスの両方)という買い方があります。

買い方 当選金額(理論値)
ストレート 900,000円
ボックス 37,500円
セット (ストレート)468,700円
(ボックス)18,700円

※当選金額は理論値です。

足す9理論

4桁のうち2つを足して9になる数字にするという理論です。

足して9になる数字を作れば残りの2つは何を選んでもOKです。

過去100回で42回出現しています(2020/6/14時点)

例)1837、0465など

 

ダブル数字理論

4桁の中に同じ数字を入れるというテクニックです。

過去100回で54回出現しています(2020/6/14時点)

例)6887、5857など

 

引っ張り理論

前回(昨年)の購入日時の当選番号から1つか2つの数字を選ぶという理論です。

番組収録の6月15日の前回は2018年の当選番号7711から1つか2つの数字を選びます。

過去13回では83%の出現率となっています。(2020/6/14時点)

 

6月15日は8がくる理論

こちらは放送時点だけなので参考にならないと思います。

過去6月15日発売のナンバーズ4で1~7の数字が出ていたため、次は8がくるという理論でした。

 

以上が「10万円でできるかな」で紹介されたナンバーズ4購入テクニックでした。

当選結果

番組が検証した6月15日の当選結果です。当選番号は8475でした。

番組が1500口を購入した結果41,000円という結果で赤字でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る