醤油ソムリエによるシチュエーションごとの醤油4選【モノシリーのとっておき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「モノシリーのとっておき」(17/11/17放送)にしょうゆソムリエである高橋万太郎さんが出演し、醤油の魅力を語りました。そこで紹介された醤油をまとめました

 

 

 

醤油ソムリエ・高橋万太郎

日本一醤油に詳しい、醤油ソムリエとして番組で紹介されました。

公式HPはこちらです

http://www.s-shoyu.com/

醤油の種類

醤油は「白」「うす口」「甘口」「濃口」「最仕込み」「溜」の6種類に分類することが出来るそうです。

各シチュエーションに合わせて使い分けるのが良いということで、高橋万太郎さんが勧める醤油を紹介します。

 

白身魚のお刺身に合う醤油

白身魚のお刺身(鯛など)に合う醤油は「うす口醤油」ということです。

↓番組で紹介された銘柄

理由

うす口醤油は塩味が強いので、スイカに塩を変えて甘味が増すのと同じ効果で、白身魚の味を引き立てる。

冷奴に合う醤油

冷奴には「再仕込み醤油」を使ってください。

↓番組で紹介された銘柄

「再仕込み醤油」とは全体のわずか1%の生産量ということで貴重な醤油となっています。

普通の醤油が1年で出荷されるところ「再仕込み醤油」は長いものだと4年かかるということです!

理由

旨味成分が強いので、しょっぱさを感じにくく、まろやかな味わいとなる。

おかかご飯に合う醤油

おかかご飯には「甘口醤油」が合うそうです。

↓番組で紹介された銘柄

一同大絶賛!番組内で紹介された中で、1番反応が良かった醤油のような気がします。

卵かけご飯に合う醤油

卵かけご飯には「溜醤油」を使うと良いそうです。

↓番組で紹介された銘柄

理由

普通の醤油よりも半分くらしの塩水しか使っておらず、旨味が詰まっている。

黄身の美味しさが引き立つ。

 

以上醤油ソムリエによる、シチュエーションごとの醤油でした。

 

こちらも読まれてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る