宮大工の棟梁が語る、現代では不可能な建物3選【モノシリーのとっておき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「モノシリーのとっておき」(17/12/01放送)に世界最古の企業である金剛組の棟梁・木内繁男さんが出演し、現代では不可能な建造物を紹介した!

 

 

 

金剛組とは

世界最古の企業と言われている、宮大工の企業です。

歴史的重要建造物の修復を行っています。

修復する際には、その当時の道具を現在も使っているということです。もちろん釘も使っていません。

社史

578年……聖徳太子によって百済から招かれた金剛重光が社長に就任。四天王寺を建設。

1576年……織田信長のせいで四天王寺焼失

1597年……四天王寺四天王寺再建を豊臣秀吉より受注

1614年……大坂冬の陣で四天王寺また焼失

1671年……四天王寺再建を徳川家康より受注

 

現代では不可能な建物

金剛組の棟梁である木内繁男さんが、どうやって創ったのかわからないという建物を紹介します。

三徳山三佛寺・投入堂(鳥取県)

断崖絶壁に建てられた建物です。誰が作ったのか分かっておらず、念力で投げ入れたという説もあるそうです。

 

 

 

 

 

三徳山三佛寺のHPはこちら

 

不可能ポイント

・断崖絶壁にも関わらず、建物の水平が取れている

 

日光東照宮(栃木県)

広大な敷地に55棟の建造物が建っています。

 

 

 

 

日光東照宮HPはこちら

不可能ポイント

・たったの17ヶ月で建造されており、そんな短期間で作るのは不可能

・もしも17ヶ月で建造するなら、1000人の宮大工が必要

 

東大寺正倉院(奈良県)

実際に再現しようとしたが、不可能だったそうです。

 

 

 

 

東大寺HPはこちら

不可能ポイント

・長さ10mの木材を均等に8等分しており、機械が無い時代ではほぼ奇跡のような技術

・少しずつ木材をずらしてあり、雨が下の木材に当たらない仕組みになっている

 

 

こちらも読まれてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る