日本一の八百屋「杉本晃章」が教える秋~冬に旬の野菜4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「モノシリーのとっておき」(17/11/10放送)に日本一野菜を知り尽くした杉本晃章さんが、野菜の見極め方と、秋~冬にかけて旬の野菜4選を紹介したので、まとめました。

 

 

 

杉本青果店

「モノシリーのとっておき」の番組内では日本一の八百屋と紹介されていました。

東京北千住にある八百屋で、わずか15坪ですが、年商9000万円!

八百屋さんたのための八百屋塾も開いています。

野菜の見分け方

きゅうり

採ってから3日間しか香りが残らない。

最近の『ブルームレスきゅうり』は3日以降も艶が出ているので美味しそうに見えるが、香りは無い!

さつまいも

皮がはがれているのは収穫したばかり。

だが!さつまいもは掘りたては甘さがあまりない。1~2ヶ月くらい貯蔵した方が美味しくなる。

トマト

初夏から作るトマト。つまり収穫末期(10月~11月頃)が甘味が強く美味しい。

茎と反対側、お尻の部分に薄い線が入っていると甘いトマト。

かぼちゃ

カットされた種の断面が黒くなっていると完熟した証。

今(11月)最高に美味しい旬の野菜

日本一の八百屋さんが教えてくれる、旬の野菜です。

ブロッコリー(埼玉県産)

埼玉県のブロッコリーは、味が美味しくなる品種。

見極めポイント

側枝と呼ばれる葉っぱの部分が付いていると国産なので、側枝付を選ぶべし。

安納ゴールド(種子島産)

糖度が高く、別名蜜芋と呼ばれている。

アスパラガス(オーストラリア産)

見極めポイント

穂先がミラ先色の方が、アントシアニンが多く含まれていて、美味しい。

インカのめざめ(北海道産)

インカ三兄弟で、『インカのめざめ』が1番美味しい

 

明日にでも最寄りの八百屋さんに駆け込みたくなりますね!

旬の食べ物は旬の調理法にあっているそうです

 

こちらの記事も読まれてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る