ドラマ【集団左遷!!】蒲田支店にいるスパイは誰?原作ネタバレ注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

福山雅治主演ドラマ「集団左遷!!」の原作から蒲田支店にいるスパイを予測してみました。ネタバレ注意です。

 

 

 

ドラマ【集団左遷!!】のスパイは?

ドラマ「集団左遷」の原作から、蒲田支店にいるスパイを予測してみました。

ネタバレを含みますので、ネタバレが嫌な人は絶対に読まないでください!

原作

ドラマ「集団左遷」は江波戸哲夫さんの著書「集団左遷」と「銀行支店長」が原作となっています。

この二作品は続編ではなく、まったく別の作品となっています。

ドラマ版はこの二つの作品を合わせたものとなっているようです。

福山雅治さんが演じる主人公片岡洋も、二つの原作小説の主人公の名前を合わせたものとなっています。

二つの原作のネタバレ付きあらすじはこちらのサイトで相関図付きでまとめられていました。

「集団左遷」ネタバレあらすじへ

「銀行支店長」ネタバレあらすじへ

スパイは誰?

原作の「集団左遷」と「銀行支店長」ですが、スパイが登場するのは「集団左遷」です。

そのスパイの名前は花沢浩平!

ドラマでは高橋和也さんが演じています。

小説内でも娘が結婚するまでは大手企業に勤めているという肩書きを欲しており、その肩書きのために仲間たちを裏切って上層部に情報を流しています。

ドラマでも、三友銀行という肩書きを求めて蒲田支店を裏切っているのではないでしょうか。

 

あくまでも、原作を元にした情報ですので、ドラマではスパイを変更してくる可能性もありますが、原作をなぞっているならば、スパイは花沢浩平(高橋和也)ということになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る