藝大・音楽学部が選ぶ本当に歌が上手い歌手ランキング【さんまの東大方程式】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「さんまの東大方程式8」(19/10/19放送)で東京藝術大学の音楽学部138人から本当に歌が上手いと思う歌手を調査しランキングで発表したのでまとめました。

 

 

 

藝大・音楽学部が選ぶ本当に歌が上手い歌手ランキング

19年10月19日放送「さんまの東大方程式」に東京藝術大学の生徒が登場しました。

そこで番組が東京藝術大学・音楽学部の生徒138人から 本当に歌が上手い歌手 を調査しランキング形式で発表されたのでまとめました。

10位 ISSA(DA PUMP)

・リズム感、グルーヴ感心地いい(打楽器専攻)

・高音が綺麗。踊りながら歌うのは本当に難しいが難なくこなしている(オペラ専攻)

・ミックスボイスと地声と踊りながらできるのはISSAだけ(声楽科)

9位 島津亜矢

・持っている歌声が桁違い。何も勝てない才能(声楽科)

・1000の歌声をもつ(声楽科)

8位 玉置浩二

 

・甘い歌声でその場を持って行ってしまう(ヴァイオリン専攻)

・歌声を聴いたときに情景が思い浮かぶ(オーボエ専攻)

・一気に人の心を鷲掴みにする天性のものを持っている(尺八専攻)

7位 宇多田ヒカル

・声がテレビやCMで流れると一瞬でわかる個性がある(ピアノ専攻)

・優しく懐かしい。地元に戻ったときに聞くお母さんの声みたいな印象(チェンバロ専攻)

・多めに息を吐いていて、盛り上がる所でも優しさ残る(声楽科)

・「花束を君に」の大サビの部分に音が飛ぶ跳躍の部分で音程を取りづらくなるのに簡単に聞こえている(声楽科)

6位 久保田利伸

5位 椎名林檎

4位 平原綾香

3位 石丸幹二

・クラシック要素も入っていて素敵な声(ヴァイオリン専攻)

・低い音から高い音までムラがない綺麗な声(声楽科)

・声量がすごい。日本人でNo.1(ヴァイオリン専攻)

2位 King Gnu

・男性だけどめちゃくちゃ高く女性の声と聞き間違えるくらい(声楽科)

・高い声を使い分けている、カラオケだと歌えない(日本舞踊専攻)

・売れることで日本の音楽がかわると思っている(声楽科)

・繊細だが安心して聴くことができるファルセット

1位 MISIA

・パワフルの中色々な表情があり、芯がしっかりある(リコーダー専攻)

・一個一個の子音が立っていて、人の感情に訴えかけるような歌声(声楽科)

・声量と包み込む迫力がすごい(尺八専攻)

・地声と裏声を超えたホイッスルボイスがすごい(声楽科)

 

 

以上が東京藝術大学・音楽学部が選んだ本当に歌が上手い歌手ランキングの結果でした!