【関ジャニ∞クロニクルF】メンバーが人生で最も影響を受けた本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「関ジャニ∞クロニクルF」(2020/05/18放送)で関ジャニメンバーが人生で最も影響を受けた本が紹介されたので、その理由と一緒にまとめました。

 

 

 

関ジャニ∞が人生で最も影響を受けた本

2020年5月18日放送「関ジャニ∞クロニクルF」は関ジャニメンバーの自宅からリモート撮影ということで、自宅の中にある様々な物が紹介されました。

その企画の中で「人生で最も影響を受けた本」というお題のもとメンバーが本を紹介したので理由と一緒にまとめました。

横山裕が人生で最も影響を受けた本

「その時歴史が動いた 幕末回天編」

 

NHKの番組「その時歴史が動いた」をコミック化した漫画作品集です。

番組の企画で高卒認定を受けたときに、歴史を教えてくれた先生が歴史に興味がある横山さんにプレゼントした本です。

この本はシリーズ化されており、全部で50冊ほどあるそうです。

大倉忠義が人生で最も影響を受けた本

「人間の格」芳村思風

 

理性ではなく感性を人間の本質と考え提唱する感性論哲学作品です。

自分がどのような心の持ちようで人生を過ごしていくと人間としていいのかが綴られています。

本当は稲盛和夫さんの最新刊だったのですが見つからずにこちらの本が紹介されました。

ちなみに稲盛和夫さんの最新刊は「心。」です。

 

村上信五が人生で最も影響を受けた本

「いまこそ、感性は力」芳村思風

 

感性とは「感じる力」「感じさせる力」そんな「感性の力の必要性が語られた一冊です。

大倉さんの本をうけて紹介されました。

安田章が人生で最も影響を受けた本

「I am」岡田淳・写真集

 

写真会の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を受賞。

自傷行為をしている日本全国の若者約50人を撮影した写真集です。

ちょっと怖いけど知ることで自分の新しい一面を知れるようになるということです。

丸山隆平が人生で最も影響を受けた本

ベースマガジン(2017年8月号)

丸山さん本人がジャニーズで始めて表紙を飾ったベース専門誌です。

ベースを50本所有しているという丸山さんにとって、誇りに思っているということです。

 

以上が関ジャニ∞が影響を受けた本でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る