【10万円でできるかな】2021年版宝くじ『ビンゴ5』の購入テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「10万円でできるかな」(2021/03/01放送)でキスマイ千賀、梅沢富美男、南野陽子、ロッチ中岡、弘中アナ、ビンゴ5に挑戦。高額当選に使ったテクニックをまとめました。

 

 

 

ビンゴ5の高額当選テクニックは?

2021年3月1日放送「10万円でできるかな」で紹介された必勝理論です。

なお、「10万円でできるかな」では過去にも様々な宝くじにチャレンジしており、そのときに使った必勝テクニックはこちらでまとめてあります。

キスマイ二階堂がナンバーズ4で高額当選した法則【10万円でできるかな】

キスマイ二階堂がロト6で100万円を当てた法則【10万円でできるかな】

キスマイが年末ジャンボ宝くじを購入した売り場は?【10万円でできるかな】

東山紀之が高額当選したナンバーズ3の必勝法【10万円でできるかな】

サマージャンボ宝くじの攻略方&開運スポット【10万円でできるかな】

ビンゴ5とは

ビンゴ5とは、縦・横3マスずつ、計9個のマス目のうち、中央(FREE)のマスを除いた8個のマス目に記載された5つの数字の中から1つずつ、 計8つの数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。

当選条件

通常のビンゴと同じように、選んだ数字が縦・横・斜めの8ラインのうちから揃ったラインの数で1等から7等までの当選等級が決まります

当選金額は理論値です。

1等 8ライン成立 5,556,200円

2等 6ライン成立 300,000円

3等 5ライン成立 45,000円

4等 4ライン成立 18,200円

5等 3ライン成立 2,500円

6等 2ライン成立 700円

7等 1ライン成立 200円(原則固定)

高額当選必勝テクニック

番組内で宝くじのプロが紹介してくれた必勝法則です。

下一桁「4」か「8」理論

 下一桁の数字に「4」か「8」を多く入れる 

2021年2月16日時点での過去199回での当選番号を見ると「4」と「8」の出現回数が低くなっており、確率的にそろそろ出るのではないかという理論です。

ちなみに番組で紹介された199回の出現回数は下のようになっています。

0=170回

1=155回

2=164回

3=150回

4=148回

5=179回

6=173回

7=153回

8=144回

9=156回

41理論

 タテ・ヨコ・ナナメの対角にある数字が合計で41になるように選ぶ 

放送収録時点(全199回)で、この『41理論』は60.8%の確率で出現しています出現しています。

例)

上記の図のAの枠で4の数字を選んだ場合、対角にあるHの枠は4+37=41ということで37を選ぶという理論です。

ポイント

この理論はひとつのシートの中で1組入れると良いそうです。放送時点では全部がこの理論になったことはありません。

※あくまでもテクニックですので、購入は自己判断でお願いします。

関連ページ

キスマイ二階堂がナンバーズ4で高額当選した法則【10万円でできるかな】

キスマイ二階堂がロト6で100万円を当てた法則【10万円でできるかな】

キスマイが年末ジャンボ宝くじを購入した売り場は?【10万円でできるかな】

宝くじ高額当選者による当選テクニックまとめ【ギリギリ昔話】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る