キスマイ当選!ビンゴ5の高額当選テクニックは?【10万円でできるかな】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「10万円でできるかな」(19/03/18放送)でKis-My-Ft2(キスマイフットツー)とサンドウィッチマンが宝くじのビンゴ5に挑戦。高額当選に使ったテクニックをまとめました。

 

 

 

キスマイが使ったビンゴ5の高額当選テクニックは?

19年3月18日放送「10万円でできるかな ゴールデン2時間スペシャル」で紹介された必勝理論です。

なお、「10万円でできるかな」では過去にも様々な宝くじにチャレンジしており、そのときに使った必勝テクニックはこちらでまとめてあります。

キスマイ二階堂がナンバーズ4で高額当選した法則【10万円でできるかな】

キスマイ二階堂がロト6で100万円を当てた法則【10万円でできるかな】

キスマイが年末ジャンボ宝くじを購入した売り場は?【10万円でできるかな】

東山紀之が高額当選したナンバーズ3の必勝法【10万円でできるかな】

ビンゴ5とは

ビンゴ5とは、縦・横3マスずつ、計9個のマス目のうち、中央(FREE)のマスを除いた8個のマス目に記載された5つの数字の中から1つずつ、 計8つの数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。

当選条件

通常のビンゴと同じように、選んだ数字が縦・横・斜めの8ラインのうちから揃ったラインの数で1等から7等までの当選等級が決まります

当選金額は理論値です。

1等 8ライン成立 5,556,200円

2等 6ライン成立 300,000円

3等 5ライン成立 45,000円

4等 4ライン成立 18,200円

5等 3ライン成立 2,500円

6等 2ライン成立 700円

7等 1ライン成立 200円(原則固定)

高額当選必勝テクニック2選

番組内で宝くじのプロが紹介してくれた必勝法則です。

5足す理論

 隣の枠の数字に5を足した数字を選ぶ 

2019年3月13日時点で全100回中79回で、この『5足す理論』が出現しています。

例)

上記の図のAの枠4の数字を選んだ場合、Bの枠は4+5=9の数字を選ぶという理論です。

ポイント

この理論はひとつのシートの中1組2組入れると良いそうです。全部5足す理論を使ってはいけません。

41理論

 タテ・ヨコ・ナナメの対角にある数字が合計で41になるように選ぶ 

2019年3月13日時点で全100回中57回で、この『41理論』が出現しています。

例)

上記の図のAの枠で4の数字を選んだ場合、対角にあるHの枠は4+37=41ということで37を選ぶという理論です。

ポイント

この理論はひとつのシートの中で1組入れると良いそうです。放送時点では全部がこの理論になったことはありません。

 

当選金額

19年3月18日放送の回ではキスマイの7人が上記の理論を使ってそれぞれ10万円分。合計70万円分のビンゴ5を購入しました。

その結果、上記の『5足す理論』3つ『41理論』1つが出現したということもあり、

2等(250,600円)×2口

4等(15,500円)×3口

5等(2,000円)×8口

6等(600円)×30口

7等(200円)×474口

当選金額は合計 67万6500となりました。

惜しくも元は取れませんでしたが、必勝理論は証明されるという結果となりました。

 

※あくまでもテクニックですので、購入は自己判断でお願いします。

関連ページ

キスマイ二階堂がナンバーズ4で高額当選した法則【10万円でできるかな】

キスマイ二階堂がロト6で100万円を当てた法則【10万円でできるかな】

キスマイが年末ジャンボ宝くじを購入した売り場は?【10万円でできるかな】

宝くじ高額当選者による当選テクニックまとめ【ギリギリ昔話】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る