家庭でも出来るプロ級ゆで卵の作り方と卵の選び方【マツコの知らない世界】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「マツコの知らない世界」(19/06/11放送)でたまごソムリエである小林真作さんに紹介されたゆで卵、卵の選び方、家庭でもできるプロ級ゆで卵の作り方をまとめました。

 

 

 

マツコも唸ったゆで卵

19年6月11日放送「マツコの知らない世界」でたまごソムリエである小林真作さん紹介されたゆで卵の魅力などをまとめました。

小林真作とは

株式会社 小林ゴールドエッグの三代目社長であり、たまごソムリエとしても活躍しています。

ゆで卵用のタマゴ

固ゆで派にオススメ卵

三日たまご(ニワトリさくら)

 

固ゆでたまごにするのに向いているたまごです。

黄身が大きく甘味があり、濃厚さが格別。固ゆでにしても臭みがほとんどない。

マツコの反応

「白身とかが、柔らかめのかまぼこ食べてるくらい、プリプリしてるね。おいしい」

 

半熟派にオススメの卵

アローカナの卵(吉実園)

半熟ゆでたまごにするのに向いているたまごです。

南米チリ原産の鶏。1年間で産卵する卵の数は普通の鶏の約半分んという希少。

放し飼いで育てられた卵で黄身の旨味が濃厚

マツコの反応

「おいしい!濃厚!」

 

失敗しない卵の選び方

ゆで卵用の卵の選び方です。

① 新鮮な卵を使うのはNG

炭酸ガスが入っているので、新鮮な卵はボロボロになってしまう。

買ってから3日後がベスト

② 冷蔵庫で冷えている卵はNG

温度差によって殻が割れてしまう恐れがあるので、常温に戻してから茹でる

③ サイズはMがベスト

Lサイズは白身が多いので、黄金比で考えるとMサイズの小さめのサイズを選ぶのベスト

 

家庭で出来るプロ級のゆで卵の作り方

① お尻少しだけ穴を開ける

画鋲などで開けてください。殻が剥きやすくなり、白身が滑らかな口当たりに変わります。

 お湯は18mmの高さで沸騰してから卵を入れる

お湯の量によって沸騰する時間が変わるので、沸騰してから入れることが大切。

最初の90秒はゆっくりと回すことで黄身と白身のバランスが美しくなる。

③ 茹でた後はすぐに氷水で冷やす

10秒以内で冷やしてください。

半熟の場合は6分30秒、しっとりは8分30秒、固ゆでは10分30秒がベストです。

失敗しない卵の選び方

 

さらに、一手間で卵を「紅茶」などの香りの強い食品をタッパーで3日ほど密封することで香りを付けることが出来るそうです。

卵の無限の可能性に挑戦してみてはいかがでしょうか!