マツコが選ぶご当地民芸品ランキング【マツコの知らない世界】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「マツコの知らない世界」(18/09/04放送)で民芸品を愛する瀬川信太郎さんによって紹介されたご当地民芸品から、マツコさんがランキングにしました。



 

 

 

マツコが選ぶご当地民芸品ランキングベスト5

18年9月4日放送「マツコの知らない世界」にご当地民芸品を1500点所有して、お店を開いている瀬川信太郎さんが出演。

47都道府県のご当地民芸品を紹介しました。

その47個の中から、赤べこマニアであるマツコさんが好きな民芸品を選んでランキングにしたので、まとめました。

5位 松本だるま(長野県)

 

大當(おおあたり)と書かれており、長野県松本市の養蚕が盛んだった土地で、カイコがよくとれた都市を「大當(おおあたり)」と表現したことが関係。

購入するなら⇒こちら

4位 猫に蛸(山形県)

mAAch ecuteさん(@maach_ecute)がシェアした投稿

8代目である相良隆馬さんしか作っていなく、お弟子さんもいないそうです。

購入は⇒こちら

3位 イタヤ狐(秋田県)

人形の鯉徳さん(@koitoku)がシェアした投稿

イタヤカエデという木の枝1本を割って作られている。

購入は⇒こちら

2位 佐原張子の招き猫(千葉県)

千葉県の佐原張子で作られた招き猫です。

1918年創業の「三浦屋」が制作し、現在は3代目の鎌田さんが作っています。

1位 モマ笛(福岡県)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

津屋崎人形 モマ笛(大)
価格:1560円(税込、送料別) (2018/9/4時点)

かつて福岡の津屋崎ではふくろうのことをモマと呼んでいたため、モマ笛と呼ばれている

大・中・小と3つのサイズが販売されています。

 

以上マツコさんが選んだご当地民芸品のランキングでした。