【ラヴィット】専門家が厳選!家族で遊べるテーブルゲームベスト10 購入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ラヴィット!」(2021/04/29放送)で家族で楽しめるテーブルゲームがランキング形式で紹介されたのでランキング結果と購入方法・魅力を合わせてまとめました。

 

 

 

家族で遊べるテーブルゲームランキング

2021年4月29日放送朝のバラエティ番組「ラヴィット!」で紹介されたランキング結果を購入方法と合わせてまとめたものです。

テーブルゲームの専門家である高円寺すごろくや店主・丸田さん、テーブルゲームブロガー・ニコさん、テーブルゲームイベント会社社長・あだちちひろさんが選んだランキングです。

10位 リフトイット!

ルール① フックのついたクレーンを頭にはめる

ルール② 頭でフックを操作してカードに書かれたブロックを再現

 

9位 イチゴリラ

神経衰弱の進化版カードゲームです。

1枚1組~5枚1組まで全部で5通りのパターンがあり、5枚1組パターンをそろえるためには、5枚連続で当てないといけません。

 

8位 ウボンゴ

世界累計500万個以上売り上げる脳トレ系ゲームです

ルール① 1人1枚図柄の違うカードが配られます

ルール② サイコロで指定された3ピースを使い、マス目ぴったりになるように埋めます

ルール③ 制限時間は60秒

7位 ねことねずみの大レース

ドイツの年間ゲーム大賞を受賞したすごろく系ゲーム

ルール① ネズミのコマをボードのマス目に4つ置く

ルール② サイコロの出た目でどのねずみを移動してもOK

ルール③ 特定のマス目に止まるとチーズを獲得

ルール④ サイコロで猫の目が出ると猫が追いかけてきて、追いつかれたネズミは退場

 

6位 はぁっていうゲーム

ルール① 「はぁ」「なんで」「ヤバい」などのセリフが書かれた30種類のカードを引く

ルール② 各セリフには8つのシチュエーション(なんでの「はぁ」、力をためる「はぁ」、ぼうぜんの「はぁ」など)が書かれており、そのどれかを選んで声と表情だけで演技をする

ルール③ ほかの人はどのシチュエーションを選んだのか当てる

 

5位 ナンジャモンジャ

12種類のキャラクターが5枚ずつ、計60枚のカードがあっります

ルール① カードをめくり、めくった人がキャラクターにあだ名をつける

ルール② 順番に繰り返していき、すでにあだ名のついたキャラクターが出たらあだ名を正確に呼ぶ

ルール③ 一番早くあだ名を言えた人がそれまでに場に溜まっていたカードを獲得

ルール④ 山札が尽きたときに、一番多くのカードを持っていた人の勝利

4位 ドクターエウレカ

ルール① 玉が2個ずつ入った3本の試験官をもつ

ルール② 試験官ごしに玉を移動しながら、引いたカードと同じ配置に入れ替えていく

ルール③ 1番最初にそろえて「エウレカ」と言ったら勝ち

※ 玉を手で触ったり、こぼしたら失格です

3位 くるりんパニック・リターンズ

電動で回る飛行機をパドルを推すことでコースを変えてコインを奪われないようにするというゲームです。

男の子人気ナンバー1ゲーム

難易度を調節できるのでハンディキャップ戦もできます。

2位 おばけキャッチ

めくったカードと同じコマを取るという反射神経ゲームです。

ルール① 山札からカードをめくる

ルール② カードのイラスト同じ色、形のコマを取り合う

ルール③ カードのイラストがコマと一致しないときは、色も形もどちらも映っていないコマを取る

ルール④ 正しいコマを取るとそのカードをもらうことがで、一番多くのカードを持っている人の勝利

1位 キャプテン・リノ 巨大版

ルール① トランプの3倍の大きさの屋根カードがプレイヤーに配られる

ルール② 壁カードの上に1枚の屋根カードを乗せるを順番に繰り返す

ルール③ 壁カードは屋根カードに描かれた線に沿っておかなくてはいけない

ルール④ 屋根カードの中には『リノカード』があり、リノカードを使用すると次の人がリノ人形を屋根にに置かなくてはいけない

ルール⑤ カードを使い切りか、タワーが倒れたときに手持ちカードが1番少ない人が勝利

 

 

以上が「ラヴィット」で紹介されたテーブルゲームランキング結果でした。