平成・令和の最も歌われたカラオケランキング【スカッとジャパン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「痛快TV スカッとジャパン」(2020/10/19放送)で『誰もが歌える日本の名曲70歌詞全部歌えたら全員スカッとSP』が特別編として放送され、平成と令和でもっとも歌われた曲ランキングが発表されたのでまとめました。

 

 

 

平成・令和で最も歌われたカラオケランキングTOP20

2020年10月19日放送「スカッとジャパン」で1993年~2020年でカラオケでもっとも歌われた曲ベスト25が集計・発表されました。(JOYSOUND調べ)

11位~25位

※画像はAmazonミュージックへのリンクです。

25位「Story」AI

2005年リリース。大切な人を守りたいと強く願う気持ちを込めて作られた名曲。

24位「栄光の架橋」ゆず

2004年「アテネオリンピック中継」NHK公式テーマソング。

23位「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵

1997年和久井映見さん、反町隆史さん出演の月9ドラマ「バージンロード」の主題歌として話題に

22位「」ORANGE RANGE

2004年リリース。自身初のミリオンセラー

21位「HOWEVER」GLAY

1997年リリース。直後発売のベストアルバムが累計売上488万枚。

20位「」中島みゆき

元々はアルバムの中の1曲としてリリース。いまでは世代を声多くのアーティストにカバーされている名曲

19位「愛唄」GReeeeN

GReeeeNにとって初のラブソング。MVはテリー伊藤が担当。

18位「粉雪」レミオロメン

レミオロメン最大のヒットソング。この楽曲で紅白への初出場を果たした。

17位「天城越え」石川さゆり

NHK紅白歌合戦史上、もっとも歌われた曲

16位「世界に一つだけの花」SMAP

平成初となるトリプルミリオンを達成。教科書にも載っている名曲

15位「そばかす」JUDY AND MARY

1996年リリース。アニメ「るろうに剣心」初代OPテーマ

14位「fragile」Every Little Thing

2001年リリース。「あいのり」主題歌としても有名

13位「TSUNAMI」サザンオールスターズ

2000年発売296万枚のセールスを記録。雲南の番組企画「未来日記Ⅲ」のテーマソング。

12位「シングルベッド」シャ乱Q

1994年リリース。自身初のミリオンセラー。全日本有線放送大賞を2年連続で受賞

11位「タッチ」岩崎良美

大人気アニメ「タッチ」の主題歌

ベスト10

10位「I LOVE YOU」尾崎豊

1983年リリースされた1stアルバム「十七歳の地図」に収録された曲。8年の歳月を経てシングルリリースされた。

9位「アゲハ蝶」ポルノグラフィティ

2001年オリコン年間シングル売上10位にランクイン

8位「天体観測」BUMP OF CHIKEN

2002年放送の伊藤英明主演ドラマ「天体観測」挿入歌として話題に

7位「サウダージ」ポルノグラフィティ

2000年リリース。自身初のオリコン1位を獲得

6位「未来予想図Ⅱ」DREAMS COME TRUE

実はアルバム曲。数多くのアーティストにカバーされている代表曲のひとつ

5位「キセキ」GReeeeN

ドラマ「ROOKIES」の主題歌

4位「チェリー」スピッツ

1996年にリリースされた13枚目のシングル

3位「小さな恋のうた」MONGOL800

2001年リリース。シングル化はされていないが代表曲のひとつ。

2位「ハナミズキ」一青窈

2004年リリース。オリコンで125週連続チャートインの記録達成

1位「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子

 

人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のOP曲。リリースから20年以上経過しても人気を維持。

 

 

以上が「スカッとジャパン」で発表された1993年~2020年でもっとも歌われたカラオケランキング結果でした!