【関ジャム】プロが選ぶJ-POP名曲ベスト30+20結果一覧【2000年~20年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「関ジャム 完全燃SHOW」(2021/03/03放送)で一流アーティストや売れっ子音楽プロデューサーなどプロ48人が2000年~2020年の間にリリースされた曲の中から本当にすごいJ-POPを選びベスト30が集計されたので結果をまとめました。

 

文字をクリックすると詳細へとスクロールします。

コメントや動画が見たい人はクリックしてください。

プロが選ぶJ-POP最強の名曲ベスト50一覧(2000年~2020年リリース曲)

50位 テルーの唄/手嶌葵
49位 Sign/Mr.Children
48位 キセキ/GReeeeN
47位 CHE.R.RY/YUI
46位 つけまつける/きゃりーぱみゅぱみゅ
45位 前前前世/RADWIMPS
44位 千の風になって/秋川雅史
43位 トリセツ/西野カナ
42位 全力少年/スキマスイッチ
41位 楽園ベイベー/RIP SLYME
40位 to U/Bank Band with Saiyu
39位 女々しくて/ゴールデンボンバー
38位 Butterfly/木村カエラ
37位 Can You Keep A Secret?/宇多田ヒカル
36位 白い恋人達/桑田佳祐
35位 Dragon Night/SKAI NO OWARI
34位 行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー
33位 SUN/星野源
32位 Story/AI
31位 罪と罰/椎名林檎 

30位 ultra soul/B’z
29位 PPAP/ピコ太郎
28位 HERO/Mr.Children
27位 涙そうそう/夏川りみ
26位 愛をこめて花束を/Superfly
25位 ワダツミの木/元ちとせ
24位 新宝島/サカナクション
23位 恋/星野源
22位 私以外私じゃないの/ゲスの極み乙女。
21位 らいおんハート/SMAP
20位 traveling/宇多田ヒカル
19位 マリーゴールド/あいみょん
18位 粉雪/レミオロメン
17位 Lemon/米津玄師
16位 エイリアンズ/キリンジ
15位 瞳をとじて/平井堅
14位 ポリリズム/Perfume
13位 雪の華/中島美嘉
12位 ギブス/椎名林檎
11位 恋するフォーチュンクッキー/AKB48
10位 Jupiter/平原綾香
9位 さくら(独唱)/森山直太朗 
8位 夜に駆ける/YOASOBI
7位 パプリカ/Foorin
6位 TSUNAMI/サザンオールスターズ
5位 白日/King Gnu
4位 天体観測/BUMP OF CHICKEN
3位 Everything/MISIA
2位 世界に一つだけの花/SMAP
1位 Pretender/オフィシャル髭男dism

プロが選ぶJ-POP名曲ベスト50(動画&コメント付)

集計方法

歌手・アーティスト・作曲家・プロデューサーなど音楽のプロ48人がそれぞれ、2000年~2020年にリリースされた曲の中からベスト30を選びます。

そのランキングを1位30P・2位29P・3位28P・・・29位2P・30位1Pとポイントを付けて集計し、その総合ポイントでランキングを決定しました。

選定したプロ48名

ジャンルは番組で紹介されたもので、重複している人もいます。

アーティスト

・GReeeeN HIDE

・ゴスペラーズ

・石崎ひゅーい

・東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦

・岡崎体育

・押尾コータロー

・さかいゆう

・いきものがかり 水野良樹 個別ランキングはこちら⇒きものがかり水野良樹のベスト30

・堂島孝平

・YOASOBI Ayase

・ゴールデンボンバー 鬼龍院翔

・吉澤嘉代子

・Tempalay AAAAMYYY

・凛として時雨 ピエール中野

・日食なつこ

音楽プロデューサー

・本間昭光

・松尾潔

・mabanua

・関口シンゴ

・多保孝一

・丸谷マナブ

・松隈ケンタ

・ヒャダイン

・保本真吾

・松本良喜

・Kan Sano

・もふくちゃん

・Shinogo Suzuki

・西寺郷太

・Carios K

・横山裕章

・小倉しんこう

作詞家・作曲家

・いしわたり淳治

・zopp

・岩崎太整

・河田総一郎

・山本加津彦

・草野華余子(アーティスト)個別ランキング結果はこちら⇒紅蓮華作曲家・草野華余子のベスト30

・Yayu Wakisaka(シンガーソングライター)

・Micchel Kaneko(シンガーソングライター)

その他

・NAOTO(バイオリニスト)

・彌勒忠史(カウンターテナー)

・今井マサキ(コーラス)

・加藤いづみ(コーラス)

31位~50位

50位 テルーの唄/手嶌葵

49位 Sign/Mr.Children

48位 キセキ/GReeeeN

47位 CHE.R.RY/YUI

46位 つけまつける/きゃりーぱみゅぱみゅ

45位 前前前世/RADWIMPS

44位 千の風になって/秋川雅史

43位 トリセツ/西野カナ

42位 全力少年/スキマスイッチ

41位 楽園ベイベー/RIP SLYME

40位 to U/Bank Band with Saiyu

39位 女々しくて/ゴールデンボンバー

38位 Butterfly/木村カエラ

37位 Can You Keep A Secret?/宇多田ヒカル

36位 白い恋人達/桑田佳祐

35位 Dragon Night/SKAI NO OWARI

34位 行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー

33位 SUN/星野源

32位 Story/AI

31位 罪と罰/椎名林檎

21位~30位

動画に関しては公式動画を張り付けています。

またコメントは一部分を抜粋していますのでご了承ください。

30位 ultra soul/B’z

草野華余子のコメント

サビのコード進行は他のヒットソングで類をみない

NAOTOのコメント

イントロでサビのメロディーを弾くギターが特徴的でめちゃくちゃカッコイイ

29位 PPAP/ピコ太郎

鬼龍院翔のコメント

この曲がヒットした時にウチの事務所の社長が「例えばPPAPのデモテープが送られてきたとしてもヒットするとは全く予測できないよ」と苦笑いしていたのを思い出しました。

28位 HERO/Mr.Children

zoppのコメント

残酷さとやさしさ、臆病さと勇気、相反する要素がコントラスト強くなく、良い塩梅で落とし込まれている

27位 涙そうそう/夏川りみ

ゴスペラーズ安岡のコメント

50年後、100年後まで歌い継ぎたい名曲。詠み人知らずになるような、1000年後にも残って欲しい

26位 愛をこめて花束を/Superfly

丸谷マナブ音楽Pのコメント

メロと歌詞の親和性+圧倒的な歌唱。「花束を」の「は~」で張り上げる所が印象的。

25位 ワダツミの木/元ちとせ

さかいゆうのコメント

声だけで人の怒りや悲しみを鎮めるような、伊阿彌氏がでている凄いシンガーだなと感じました。

24位 新宝島/サカナクション

manabanua音楽Pのコメント

レトロでノスタルジックな要素と同時に新しい音楽を生み出すことへの探究心も同時にかんじさせてくれる。「芸術」という名のもとにまさに時代に残る名曲だと思う。

23位 /星野源

もふくちゃん音楽Pのコメント

音楽的には複雑で難しいことをあくまでJ-POPの文脈にのせてやってのけ、これで国民的音楽になるセンスに脱帽です。

22位 私以外私じゃないの/ゲスの極み乙女。

松本良喜のコメント

曲全体に難しい技術が散りばめられているのにそれを聞きやすいポップに仕上げる川谷絵音の衝撃作

21位 らいおんハート/SMAP

河田総一郎(作詞作曲家)のコメント

数多くある素晴らしいSMAP作品の中でも、アイドルが歌うラブソングというジャンルを超え、大人になっても歌えるラブソングにまで到達した珠玉の名作だと思う。

11位~20位

20位 traveling/宇多田ヒカル

Carlos K音楽Pのコメント

当時、テクノやハウスミュージックが流行っていたが、それらのジャンルと印象の違う宇多田ヒカルがこういう曲をやることが新鮮で衝撃的でした。

19位 マリーゴールド/あいみょん

関口シンゴ音楽Pのコメント

耳馴染みのあるコード進行が元になっていますが、あいみょんちゃんの声と歌詞の世界観で新しい音楽に生まれ変わっています。

18位 粉雪/レミオロメン

松隈ケンタ音楽Pのコメント

切ないメロディー、シンプル、真似したくなる、僕が思う「売れる要素」を完璧に満たしている。曲だけでなく、歌&演奏のエモーションもいい。

17位 Lemon/米津玄師

いしわたり淳治のコメント

この曲の前と後では日本の音楽レベルは格段に上がったのでは・・・。

YouTubeなどで音楽を聴く世代はイントロを飛ばして聴く人も多いので「再生した瞬間から歌が続いていく」というこの曲の構成は、世の中の音楽の聴き方が変わりゆくなかで、たくさんの人に届いた要因かもしれません。

16位 エイリアンズ/キリンジ

GReeeN HIDEのコメント

コードがジャジーですが、とてもキャッチー。

自分が良いと思ったものや、頭に聴こえてきたものを信じて形にしていっていいだと、勝手に背中を押してもらってます(笑)

15位 瞳をとじて/平井堅

石崎ひゅーいのコメント

曲単体も素晴らしいですし、映画タイアップ曲として、自分と作品、その両方にある普遍性が奇跡的なバランスで紡がれています。

だからこそ、今でもたくさんの人に愛されているのだと思います。

14位 ポリリズム/Perfume

ゴスペラーズ 酒井のコメント

J-POPの範疇からすれば、あまりに攻めた手法とサウンドを導入し、それまでナシだったものをアリにした。

プロデューサー中田ヤスタカの開けた扉だと思っています。

13位 雪の華/中島美嘉

草野華余子のコメント

サビ終盤に出てくるコード1つで楽曲の印象がグッと引き締まり、切ない中に明るさや希望が感じられる。

12位 ギブス/椎名林檎

小倉しんこう音楽Pのコメント

歌詞はとてもストレートな女性の恋心なんです!それなのに「強さ」や「儚さ」しいては「狭愛」まで同時に感じてしまうのは何なんでしょう

11位 恋するフォーチュンクッキー/AKB48

いしわたり淳治のコメント

老若男女誰もが歌えるヒット曲がどんどん減少していく中で、この大ヒットは音楽シーンに大きな風穴を開けたように思います。

ベスト10

10位 Jupiter/平原綾香

保本真吾音楽Pのコメント

聴き馴染みの深いメロディーと透明感のある歌声のマッチングが絶妙。サビで、オクターブが違う同じメロディーの声を重ねる技は斬新でした。

9位 さくら(独唱)/森山直太朗

押尾コータローのコメント

歌詞にとてもとても力があり、希望に満ちている。

そして印象的なサビが繰り返され、感動を生む名曲に。

8位 夜に駆ける/YOASOBI

GReeeN HIDEのコメント

なんといっても気持ちが良い。

疾走感のある店舗もそうですが、エッジと温もりと両方が混在している音作り感じます。

そしてikuraさんのボーカルも無感情と感情が混在していて、聴き手によってどの角度からも受け取れる曲になっていると思います。

7位 パプリカ/Foorin

河田総一郎(作詞作曲家)のコメント

「パプリカ」にも「花」が咲くのか!!というなんとも素朴で新しい素敵な発見を日本中にもたらしてくれた。

「発明」と言っても過言ではない名曲だと思います。

6位 TSUNAMI/サザンオールスターズ

GReeeN HIDEのコメント

Bメロからのコードと歌詞がちゃんとさまよっているが、Bメロ折り返しからサビへ向けて、全てが解放されていく。

そして伸びるメロディーのさび。

全ての年代が歌いたいと思える素晴らしいバラードです。

5位 白日/King Gnu

ヒャダインのコメント

クラシック出身だけある上品なボイシング。

一方、2人のボーカルがいることによって音域を無視したメロディーと複雑な譜割り、破壊的なアレンジ。

2020年代の音楽シーンを引っ張っていく人たちだと思います。

4位 天体観測/BUMP OF CHICKEN

いしわたり淳治のコメント

見えないものを探してもがく日々、遥か彼方を憧れを持って見揚げる視線、闇の中で光って消えていく「いま」、友情と別れ。

これらの要素が天体観測というモチーフの中に完璧に落とし込まれています。

初めて聞いたときの衝撃は今でも忘れません。

3位 Everything/MISIA

松本良喜(作曲家)のコメント

歌、歌詞、メロディー、オケ、全てにおいて完璧。もはや芸術作品ともいえる楽曲。

関口シンゴ音楽Pのコメント

この曲をきっかけにR&Bやブラックミュージックというジャンルの音楽が、より幅広く日本中のリスナーに親しまれるようになったと思います。

2位 世界に一つだけの花/SMAP

 

ゴスペラーズ安岡のコメント

親子で歌って、親子で踊って、世代を超えて音楽の喜びを分かち合える。それこそがポップスの指名であり、美しさ。

いきものがかり水野のコメント

「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」というフレーズは、ちょうど2000年代に入って今に至るまでの時代の価値観がこれ以上なく浮き彫りにされています。

あの頃の空気を表すものとして、これから何度も参照されると思います。

1位 Pretender/オフィシャル髭男dism

堂島孝平のコメント

J-POPの金字塔

YOASOBI Ayaseのコメント

嫉妬するほど好きな曲。

サビの頭にはメロディーがなく、休符なのが凄いとおもっていて、直前の「グッバイ」で全てを持っていってるというこのメロディーワーク、本当にしびれました。

YOASOBI 松尾潔音楽Pのコメント

名曲を生み出す打率が圧倒的!!2020年以降に日本の音楽シーンに登場した最高最強のバンドマン

 

以上プロが選んだJ-POP20年史の最強名曲ベスト30結果でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る