ドラマ「地味にスゴイ!DX」で新編集長が悦子に勧めた映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドラマ

ドラマ「地味にスゴイ!DX(デラックス)校閲ガール・河野悦子」で新編集長・二階堂凛(木村佳乃)が悦子(石原さとみ)に勧めた映画「ザ・セプテンバー・イシュー」を調べてみました。

 

 

ドラマでのシーン

ドラマ内で、二階堂凛(木村佳乃)と河野悦子(石原さとみ)が編集者のパーティを訪れます。

悦子「なんか、なんか、『プラダを着た悪魔』みたいですね」

凛「そんなの見る暇があったら『ザ・セプテンバー・イシュー』でも見なさいよ、よっぽど勉強になるから」

悦子「いしゅ、いしゅう?」

 

ザ・セプテンバー・イシュー

「セプテンバー・イシュー」(THE SEPTEMBER ISSUE)とは、『プラダを着た悪魔』のモデルとなった 『ヴォーグ』の編集長アナ・ウィンターと雑誌編集に密着したアメリカのドキュメンタリー映画ということです。

「セプテンバー・イシュー」というのは原題で、日本では「ファッションが教えてくれること」という題名となっています。

なるほど、確かにファッション業界で働く人間からすると、

『プラダを着た悪魔』は入門版

『ファッションが教えてくれること』は上級者版

というイメージですね!

ファッション関係の仕事に就きたい人は、見た方が良い一本、のようです。