ドラマ【3年A組】柊一颯先生の言葉・名言10選まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」で菅田将暉さん演じる柊先生の心に響く言葉、名言をまとめました。

 

 

 

柊一颯先生の言葉まとめ

2019年1月期に日本テレビで放送されていた話題のドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」で菅田将暉さんが演じた柊先生の名言をまとめました。

 

View this post on Instagram

 

【公式】3年A組-いまから皆さんは、人質です-さん(@3a10_ntv)がシェアした投稿

イジメを行っていたクラスへの言葉

第1話にて、景山へのイジメをクラス単位で行っていた、クラス全員に向けての言葉です。

悪意にまみれたナイフで、汚れなき弱者を傷つけないように、変わるんだよ! 変わってくれ……。

イジメ主犯格への言葉

第2話にて、景山澪奈をイジメていた主犯格である宇佐美香帆(川栄李奈)に対してかけた言葉です。

お前に足りなかったのは、想像力だ。

もし、自分の家の窓を割られたら。自分の服を切り裂かれたらどんな思いをするのか。嘘の投稿で云われのない中傷を受けたらどれほど傷つくのか。お前にはその痛みを想像できなかった。

相手を傷つける方法選んだ者への言葉

第3話にて、景山澪奈に告白するも振られてしまい、プライドを傷つけられた腹いせに、フェイク動画の撮影に加担してしまった里見海斗(鈴木仁)への言葉です。

逆境を乗り越えようとしたか?傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。それが、お前の弱さだ

困難に挫折し夢を諦めた人への言葉

第4話にて、家計の苦しさからダンスの夢を断念しかけた時、半グレ集団『ベルムズ』からお金で依頼された景山澪奈をはめるという策略に加担した、甲斐隼人(片寄涼太)への言葉です。

明日と戦え。抗え!もがいて掴め!

夢のために道を過った人への言葉

第5話にて、モデルの夢を叶えるために半グレ集団『ベルムズ』のリーダーと付き合って、ライバルを蹴落とすなどの利権を得ていた諏訪唯月(今田美桜)。後戻りできないから進むしか無いという状況に陥ってしまった諏訪への言葉です。

迷って、もがいて、途方にくれて、それでも正解を求めて前を向く。

進んで、進んで、駄目なら傷つきながら引き返す。また歯を食いしばって前を向く。

みんなみっともないんだよ。

でも、それで良い。それが良い。

恥を繰り返して、強くなるんだ。恥をかかずに強くなれると思うな!

他者を傷つける投稿をした人への言葉

第6話にて、顧問の横暴な態度によって水泳部を退部させられた水越涼音(福原遥)が顧問を貶めるための動画を投稿しようとした。そんな水越への言葉。

お前たちはもう、感情に任せて過ちを犯せる歳じゃ無いんだよ。それが許される歳じゃ無いんだよ。

考えて、考えて考えて、答えを出すんだよ!

だからもっと、自分の言葉に、自分の行動に、責任を持てよ。

お前の他愛の無い言葉ひとつで、誰かを救うことができるかもしれない。でもその一方で、傷つく誰かがいるかもしれないということを忘れるな。

お前の言葉ひとつで、簡単に命を奪えるということを忘れなる!

生徒に対する教師としての考え

第7話にて、生徒を商品だと言い切り、商品価値の無いやつに用は無いと罵った武智先生(田辺誠一)への言葉。

生徒はものじゃない、人間だ!

俺たちが導いてやらなきゃならない、脆くて未完成な人間なんだよ!

寄り添って一緒に答えを探す。それが教師の務めだろ

大事な決断をする時の心得

第8話にて、SNSに投稿するまえに考えるように諭した言葉。

グ!クルッ!パ!

大事な決断をするときは、グッ!と踏みとどまって、クルッ!と頭を1周させれば、パッ!と正しい答えが浮かぶ。

生徒たちへ伝えたかったこと

第9話にて、生徒たちに立てこもった真実を話す際の最後の授業。自分の手にナイフを刺しながらも生徒に贈った言葉。

言葉は時として凶器になる。ナイフなんて比にならないくらい、重く鋭く、心をえぐってくる。

ナイフを刺せば血が出る。痛みを伴う。でも今の社会は、こんな当たり前のことに気が付く暇も無いくらいに忙しく周り続けている。

相手に何をしたら傷つくのか、何をされたら痛むのか。

お前たちにはそれに気づかない、感情が麻痺した大人にはなって欲しくなかった。

ネット民へ向けての言葉

最終回。SNSで生中継をしながら、

右にならって吐いた何気ない一言が、相手を深く傷つけるかもしれない。

独りよがりに偏った正義感が束になることでいとも簡単に人の命を奪えるかもしれないということを。

これを見ているあなたに、ひとりひとりの胸に刻んで欲しいんだよ。

他人に同調するより、他人を貶すより、自分を律して磨いて作っていく方が大切なんじゃないのか。

その目も口も手も誰かを傷つけるためにあるわけじゃない!誰かと喜びを分かち合うために!誰かと幸せを噛みしめるためにあるんじゃないのか!

もっと人に優しくなろうぜ! もっと自分を大事にしようぜ!

 

以上が柊先生の言葉まとめです。

そして最後にLet’s think

人によっては違う部分が名言と感じることでしょう。それほど名言の多い作品でした。

最終回後の話は「3年A組-今から皆さんだけの、卒業式ですー」Huluにて独占配信されています。

Huluは初回登録ならば 14日間無料 で利用することができます。

過去の放送回も配信されているので、名言を振り返ることもできます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る