[THE夜会]木村拓哉がハマっているボードゲーム『ディクシット』のルールや購入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「櫻井・有吉THE夜会」(2021/09/16放送)でゲスト出演した木村拓哉さんが、いま一番ハマっているというゲーム「ディクシット」で対決を行ったので、購入方法やルールを調べてみました。

 

 

 

木村拓哉がハマっているボードゲーム

2021年9月16日放送「櫻井・有吉THE夜会」に出演した木村拓哉さんが、長澤まさみさん、有吉弘行さん、櫻井翔さんと一緒にボードゲームで遊びました。

『DiXit』(ディクシット)とは

『ディクシット』は2008年にフランスで発売されて以降、数々の賞を受賞し、全世界で150万個以上の販売実績を誇るベストセラーゲームです。

・プレイ人数:3人~6人
・対象年齢:8歳以上
・プレイ時間:約30分

ルール

① 各プレイヤーは6枚ずつカードを持つ

② 語り部(親)は自分の手札から1枚を選び、その絵柄から連想される言葉を言う。(映画のタイトルや感じることなどなんでもOK)

③ 他のプレイヤー(子)は自分の手札から語り部(親)が言った言葉にもっとも関係していると思うカード1枚を選ぶ

④ それぞれが選んだカードを誰にも見えない状態でシャッフルして並べる

⑤ 他のプレイヤー(子)は、場に出されたカードの中から、親が選んだカードを予想します。

⑥ 語り部(親)は順番に交代する

これを繰り返して最終的にもっとも多くのポイントをゲットした人の勝利です。

得点

・語り部(親プレイヤー)は子プレイヤーにカードを選んでもらうとポイント

・語り部(親プレイヤー)は子プレイヤー全員に選ばれるor誰にも選ばれなかった場合0ポイント

・子プレイヤーは語り部(親プレイヤー)のカードを選ぶことに成功したらポイント

・子プレイヤーは自分が出したカードを他の子プレイヤーが選ぶことでポイント

 

つまり語り部(親プレイヤー)は全員に選ばれても、選ばれなくてもポイントを得られないので絶妙な言葉選びが重要になります。

子プレイヤーは自分の出したカードが選ばれるとポイントを得られるので親のカードを予想しつつも、場が混乱するようなカードを出すのが重要です。

 

「櫻井・有吉THE夜会」を見て、楽しそうだと思った方は是非購入して楽しんでください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る