平均年収450万円のサラリーマンが33年で1億円を貯めた方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バラエティ

「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」で平均年収450万円のサラリーマンが33年で1億円を貯めた方法を紹介していたので、まとめました。

 

 

1億円を貯めた坂口一真さん

・平均年収450万円

・既婚

・勤続33年

・持ち家(約3000万円)

・趣味は海外旅行

持ち家の資産とは別に、貯金1億円

51歳のときに早期退職したそうです。

では、その秘訣を紹介します。

1、趣味はお金ではなく時間を使う

坂口さんは、コーヒーの焙煎が趣味ということで、日中の大半を七輪と向かって過ごしています。

一日中、焙煎しているそうです。

2、無駄だと思うものは徹底的に捨てる

・冷蔵庫を捨てる(本当に必要な分だけ買うことになる)

・シャワーのお湯になる前の水をペットボトルに貯める

・トイレットペーパーは業務用

これらのテクニックを駆使することで、月10万円で生活をしているそうです。

3、毎年海外旅行に行っている

・毎年海外旅行に行っているが、旅先では地図を作っている。

・島をめぐり歩いて、地図をつくるので、お金がかからない。

 

まとめ

坂口さんは、ケチではなく、好きなことがお金がかからないことだった、ようです。

参考になるかは、難しいですね……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る