外国人が感激する日本の建造物ランキングベスト20【ニッポン視察団】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」(19/04/27放送)で外国人の選ぶ平成から令和へ、後世に残したい日本の凄い建造物ベスト20が発表されたのでまとめました。

 

 

 

外国人が感激する日本の建造物ランキングベスト20

19年4月27日放送「ニッポン視察団」で発表されたランキングです。

11位~20位

20位 高野山 根本大塔

中央の円錐の形状と地面に接する四角い形状を重ねた構造が約1,000年前に建てられていたのが素晴らしい。これは多宝塔と呼ばれており、日本独自ということです。

19位 東京駅 丸の内宿舎

大正3年に完成。昭和20年の東京大空襲で屋根が損壊するものの、昭和22年には修復し。平成24年には復原が完了しています。

赤レンガという西洋の技術に、日本独自の技「覆輪目地」を足して作られた建築。

18位 あべのハルカス

日本一の高さを誇るビル。

展望台がある60階は一面がガラス張りとなっています。

17位 平等院鳳凰堂

左右対称だけでなく、湖面に映る上下のシンメトリーも計算されているのが美しい。

16位 慈照寺観音殿(銀閣寺)

デザインからわびさびを感じる。

15位 姫路城 大天守

日本で始めて世界遺産で登録されたお城。

天守が連立式という複雑になっている。

14位 札幌ドーム

人工芝で行う野球場と天然芝で行うサッカー場を両立させている日本人の技術はクレイジー。

13位 浅草寺 本堂

平成29年にチタン製の瓦を採用したことで、重さを軽減。地震のリスクを減らせる。

12位 梅田スカイビル

大阪の街を一望できる空中庭園は外国人にも人気。

超高層ビルを連結させたのは、梅田スカイビルが世界初!

11位 東京都庁 本庁舎

ヨーロッパには無いデザイン。

江戸時代からある伝統的な格子デザインが使われており、近くから見ても圧迫感を下げる工夫がされている。

TOP10

10位 明石海峡大橋

世界的にも珍しい巨大な吊り橋を形成するためのメインケーブルの中には約3万7千本のワイヤーが入っている。

9位 GINZA KABUKIZA

木造建築のような見た目だが、劇場の上にある高層建築を支えるメガトラスという構造となっている。

8位 日光東照宮 陽明門

7位 鹿苑寺 舎利殿(金閣)

6位 錦帯橋

木造でのアーチ状の橋。

現代で見ても耐久性のある、世界でも類を見ない構造になっている。

「マツ」「ケヤキ」「ヒノキ」「クリ」「カシ」と言った木材を使い分けて作られている。

5位 伊勢神宮 社殿

20年に一度、神宮内の社殿を造り替えており、それを1300年以上繰り返しており、人類史上貴重な出来事。

4位 厳島神社 社殿

建物と水や木といった自然の要素が完全に調和している。

 

3位 東京タワー

リベットという半永久的に金属板などを正都合するための技術を使って建てられた。

2位 白川郷 合掌造り家屋

角度のある茅葺き屋根は耐雪に優れている。

1位 京スカイツリー

五重塔にも見られる心柱の構造は、地震が起きても揺れが小さくなる。

 

 

以上!世に残したい日本のスゴイ建造物ベスト20でした。