コイン鑑定士が選ぶ高値な日本の硬貨ランキング【ジョブチューン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ジョブチューン」(18/10/13放送)でコイン鑑定士が選んだ高値で売ることが出来る貴重な硬貨ランキングベスト5が発表されたのでまとめました。



 

 

 

コイン鑑定士が選ぶ高値で売れる硬貨ランキング

国内外の貨幣や金券を売買している新橋スタンプ商会の寺田実さんが高値で売ることが出来る硬貨ランキングです。

5位 昭和32年5円玉

昭和24年から昭和33年までは楷書体で表記されており、特に発行数の少ない32年は高値となっています。

買取価格は50円です。

 

4位 昭和35年発行50円玉

大きさとデザインが違う50円玉です。現在の50円玉は21ミリですが、昭和35年のものは25ミリ。またデザインも違います。

買取価格は100円です。

 

3位 平成23年~25年50円玉

この3年間に作られた50円玉は貨幣セット用でしか作られいないのだが、コレクターが手放してしまったものが市場に出回っていることがある。

買取価格は1,000円です。

ちなみに、この平成23年~25年の1円玉5円玉も同じく価値が高いそうです。

 

2位 昭和62年50円玉

昭和62年も50円玉は貨幣セットでのみ作られており価値が高いです。

買取価格は1,500円です。

 

1位 昭和61年10円玉(後期)

昭和61年の10円玉は、年度の途中でデザインが変わっており、後期に作られた10円玉は平等院鳳凰堂の階段の部分が、縦線で区切られてかなり希少となっているそうです。

買取価格は15,000円です。

ルーペがないと確認できないほどの細かい部分なので、昭和61年の10円玉を持っていたらプロに確認してもらうのもいいかもですね。

 

ちなみに、平成に元号が変わった昭和64年の硬貨もさほど価値があるわけではないそうです。

 

以上プロが選ぶ貴重な硬貨ランキングでした。

もしかしたらお財布に入っているかもしれないので是非確認してみてください。持っていたら、専門店に売ったりメルカリに出してみてはいかがでしょうか。