【がっちりマンデー】加藤浩次も欲しくなった一芸家電ベスト5!最新版も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「がっちりマンデー」(2020/05/03)で過去に紹介した家電の中から、加藤浩次さん進藤晶子さんが欲しくなった家電とその企業の最新家電が紹介されたのでまとめました。

 

 

 

加藤浩次、進藤晶子も欲しくなった家から買える一芸家電ベスト5

2020年5月3日放送「がっちりマンデー」で、過去に放送された一芸に秀でた家電の中から欲しくなったものベスト5が紹介されました。

一芸家電とは大手にも負けないひとつの分野に特化した企業が発売している家電です。

5位 アラジン(株式会社千石)

 

一般のトースターはニクロム線というヒーターを利用しているのに対して、アラジンにはグラファイトというヒーターを使用しています。

ニクロム線は20秒で800度になりますが、グラファイトは0.2秒で1300度になるのです。

グラファイトは千石の特許技術なので、ここでしか作れないヒーターが誕生しています。

最新家電

グラファイトグリラー

 

アラジンに使われたグラファイトヒーターを鉄板の上に設置して、上から焼くことで煙が少なくておうちキャンプを楽しめる商品です。

 

4位 ヨーグルティアS(タニカ電気)

 

日本で初めてヨーグルメイカーをつくった会社です。

中途半端な温度(40度)をキープする技術が得意なためヨーグルトを最適に作ることができます。

ヨーグルティアSが販売されたことでヨーグルとや納豆だけでなく、温泉卵やコンフィまで作ることが出来るようになりました。

 

3位 Nobby NIB2600(テスコム)

 

40種類以上のドライヤーを販売し年間売上60億円の家電メーカーです。

プロが使うドライヤーで日本の美容室で1番使われています

一般のドライヤーが秒速5~7mなのに対してNobbyは秒速17mと3倍です。

プロは髪を乾かすときに地肌を乾かすのですが、この風速でしっかりと乾かすことができます。

新しい機種NIB2600は重さが260g軽くなったことで、女性も持ちやすくなりました。

 

2位 クーキレイ(富士工業)

 

家庭用レンジフード(換気扇)を作っているシェア日本一の会社です。

照明とレンジフードを合体させることで、リビングで行う焼肉などの煙を吸い取ってくれます。

フィルターが付いているので換気扇のような取付工事は不要で、空気清浄機の機能も果たしてくれます。

 

1位 スイトル(シリウス)

 

2017年発売ですが3年弱で5万7,000台も売れているヒット商品です。

通常の掃除機とセットして使います。

水を吹き付けることで汚れが水に溶けて、その汚れた水を吸い取っているので、水汚れも掃除することが出来ます。

スイトルの本体にはモーターなどの電装部品は一切ついておらず、掃除機の吸引力のみで動いています。

スイトルはスティック型の掃除機に対応していませんでしたが、シリウスが新しく販売したスティック型の掃除機ならばスイトルにも対応しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【土曜はナニする!?放送記念特価】掃除機 コードレス サイクロンクリーナー SC…
価格:19800円(税込、送料別) (2020/5/3時点)

楽天で購入

 

 

以上が「がっちりマンデー」で紹介された一芸家電ベスト5結果でした。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る