デニムアーティスト越後谷隆之作品の購入方法は?【クレイジージャーニー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「クレイジージャーニー」(19/05/08放送)に出演したデニムアーティスト越後谷隆之が作ったジーンズはBowery Blue Makersで販売されています。

 

 

 

デニムアーティスト越後谷隆之作品の購入方法は?

19年5月8日放送「クレイジージャーニー」に出演したのがデニムアーティストである越後谷隆之さんです。

越後谷隆之さんは100年前のリーバイス501を完全再現することを目指しており、デニム職人ではなくアーティストと名乗っているのは、同じものを作らないというこだわりからだそうです。

ジーンズ製作のこだわり

越後谷隆之さんが1920年代以前のリーバイス501を再現するためのこだわりが、紹介されました。

ミシンのこだわり

1940年代以前の年代物のミシンを使用しており、1本のジーンズ製作に数台のミシンを使用しています。

特にシンガーの古いミシンが好きで好んで利用しているということです。

 

View this post on Instagram

 

Bowery Blue Makersさん(@boweryblue)がシェアした投稿

ミシン以外にもできるだけ当時のものを使うようにこだわっています。

生地のこだわり

デニムの生地は、アメリカのコットンを岡山の工場で染めて生地にしてもらったものです。

アメリカで生地にすると納得いくものができず、日本の職人はレベルが高く、昔のデニムのように あえて雑な仕上がり になるように作ってもらっています。

小股の縫い方

ジーンズには履き続けることで現れるヒゲと呼ばれる、 股から太ももにかけてのシワ があるのですが、100年前のジーンズと現在ではそのでき方に違いがあるそうです。

その秘訣は小股の縫い方。

越後谷さんは100年前の貴重なリーバイス501を解いて、小股の縫い方を研究して再現したのです。

購入方法は?

そんなこだわりの詰まった越後谷さんのジーンズですが、「Bowery Blue Makers」というショップで販売されています。

一足50,000$~販売されているようです。

オンラインショップはこちら⇒https://boweryblue.com/shop

 

海外向けのショップなので、日本からでも購入することができるかはわかりません。不安な方は「メルカリ」で売っている人もいたのでそちらから購入してもいいかもしれません。

以上!デニムアーティスト越後谷隆之さんのこだわりと、ジーンズの購入方法でした。