ゲッターズ飯田による出雲大社の2022年初詣最強開運術【あしたの内村】

2022年1月5日

「あしたの内村」(2022/01/03放送)でゲッターズ飯田さんが出雲大社で初詣をするときに大切な開運知識を紹介したのでまとめました。

目次

2022年 ゲッターズ飯田流 出雲大社の最高の初詣術

2022年1月3日放送の『あした今日よりも賢くなれる』というコンセプト番組「あしたの内村」で、占い師のゲッターズ飯田さんが、縁結びで有名な出雲大社の初詣開運術を紹介したのでまとめました。

初詣は2/1~2/3に行く

ゲッターズ飯田さんいわく、2022年の旧暦正月が2月1日。

さらに節分=節の分かれ目は運気の分かれ目ということで、2月1日~3日に訪れるのが良いそうです。

稲佐の浜の砂を持っていく

稲佐の浜という八百万の神様がお越しになるという神聖な浜です。

この浜の砂を出雲大社に持っていくと開運アイテムと交換してくれるとのことです。

はじめに祓社で体を清める

鳥居をくぐって、ご本殿に向かう途中の下り参道右側にある祓社(はらいのやしろ)に参拝して体を清めることで最高の状態ご縁をうけることができるそうです。

参拝は二礼四拍手一礼

明治時代に全国の神社の作法が二礼二拍手一礼に統一されたのですが、出雲大社は徳悦に独自の参拝方法を続けていいとされ、現在も二礼四拍手一礼が正式な参拝方法となっています。

素鵞社で稲佐の浜の砂を持っていく

ご本殿の裏にある素鵞社(そがのやしろ)という縁結びの神・大国主大神の父スサノオが祀られている社に、稲佐の浜の砂を持っていくと、素鵞社の砂と交換することができます。

素鵞社の砂を神棚に飾ったり、庭にまいて土地を清めることで縁結びのご利益がUPするとのことです。

 

ゲッターズ飯田さん流の出雲大社開運術をまとめました。参考にしてください。

関連記事&スポンサード