ウチ夫第5話、ホラー映画「アウターマイルストーン」は本当にあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドラマ

錦戸亮主演のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」第5話で、「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)というホラー映画が出てきました。

実際にある映画なのか、調べてみました。

 

 

錦戸亮主演のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」第5話では、小林司(錦戸亮)の姉、小林みどり(江口のりこ)と、司の会社の後輩、田所陽介(薮宏太)が付き合うことに!

付き合うきっかけとなったホラー映画「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)について調べてみました。

みどりと陽介が付き合うきっかけ

街の寂れたレンタルショップにやってきたみどり。

お目当ては、ここにしかおいていないホラー映画「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)

発見し、手に取ろうとしたら先に奪われてしまう。

その相手が陽介でした。

そこで、みどりと陽介が言い争いをします。

みどりと陽介のシーン

みどりが「AUTER MILE STONE」を発見する。

みどり「あった!あ、4もある」

陽介が先にとっていってしまう

みどり「嫌がらせはいいからそれよこして」

陽介「はあ、嫌がらせってなんですか、俺はこれを見たくて借りようとしてるんです」

みどり「うそつけ」

陽介「うそじゃないです」

みどり「それ、ハワードマンプロダクションのアウターマイルストーンシリーズの4よ」

陽介「知ってますよ、1より2より3より俺は4が好きなんです」

みどり「にわかが。アウターマイルストーンシリーズの4が好きなんて、にわかファンだわ」

陽介「かっちーん」

にらみ合う二人。

 

と、これがきっかけで付き合うことになるわけですね。

ありがちです(笑)

 

「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)とは

ここで二人が付き合うきっかけになった「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)を見てみたくなりました。

 

 

公式twitterに出ているこの写真のとおり、番組が作った架空のホラー映画でした。(残念)

でもきっと元ネタがあるはず。

 

「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)の元ネタ

きっと元ネタがあるはずです。探してみました。

ハワード・マンプロダクション

まず、「ハワード・マン」制作ということで、「ハワード・マン」で検索してみると。

「ハワード・アッシュマン」作詞家兼プロデューサー

「ロン・ハワード」映画監督

「ハワード・ローゼンマン」映画プロデューサー

などが出てきましたが、ホラー映画とは無縁みたいです。

 

ハワード・マンで探すのは無理でした。

「アウター」で検索

TSUTAYAの作品検索で、「洋画ホラー×アウター」で検索したことろ

プラン9・フロム・アウタースペース

という映画が出てきました。

★DVD/プラン9・フロム・アウタースペース/洋画/BWD-3030

価格:2,691円
(2017/8/6 14:04時点)

1959年に製作されたアメリカ映画。上映時間79分。監督・脚本・製作エド・ウッド。

深夜テレビで繰り返し放送され、一部[誰?]でカルト的な人気を得ることとなった。やがて1976年に『ゴールデン・ターキー・アワード』という本の中で「史上最低の映画」として紹介され、ティム・バートン監督の映画『エド・ウッド』で脚光を浴びることとなった。(Wikipediaより)

 

史上最低映画と評されながらもティム・バートン監督もファンという、こちらの映画が、「AUTER MILE STONE」(アウターマイルストーン)に近いのではないでしょうか。

あくまでも予想でした!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る