横浜流星が人生で唯一泣いた本は?手がかりまとめ【THE夜会】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「櫻井・有吉THE夜会」(19/10/10放送)で横浜流星さんが小学6年生の頃に唯一泣いた本の捜索が行われたので、手がかりなどの情報をまとめました。

 

 

 

横浜流星が人生で唯一泣いた本は?

19年10月10日放送「櫻井・有吉 THE夜会」の『思い出大捜索』という企画でゲストの横浜流星さんが小学校6年生の頃に読んで唯一泣いた本の捜索が行われました。

横浜流星さんは元々は泣き虫だったということですが、空手を始めてから泣いたことはなく、人生で唯一泣いたというのがこちらの本だったそうです。

手がかり

横浜流星さんがかろうじて覚えている手がかりです。

  • 小6の時に読書感想文のために図書館で借りた
  • たしか青い表紙だった
  • たしかドナー・臓器提供の話だった
  • たしかハードカバーの本であった
  • たしか大学生くらいが主人公であった

候補

番組が横浜流星さんが本を借りた図書館で青いハードカバーの臓器提供の本を調べた結果4つの候補が挙がりました。

水の時計/初野晴

いのちの贈り物届かなかった祈り/大隈美由紀

わたしのなかのあなた/ジョディ ピコー

いのちのバトンリレー/関朝之

 

残念ながら上記の4冊を見ても横浜流星さんはピンとこず!

こちらの本では無かったようです。

そこで番組がTwitterで情報を募集していました。

放送直後ですがすでに数々の候補の本が上がっています。

 

実際、横浜流星さんが確認しなくてはどの本かはわかりませんが、心当たりがある方はTwitterに書き込んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る