大河ドラマ「直虎」の起源は、戦国無双だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドラマ

17/07/24発売の週刊スピリッツにて、河合克敏先生が大河ドラマ「おんな城主 直虎」の制作起源を取材し、漫画にしていました。その結果、「おんな城主 直虎」がなぜ大河ドラマの主役に抜擢されたのか。そのルーツは、戦国無双だったことが明らかになりました。

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

 

後に徳川四天王の一人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政を育てた遠州井伊谷の女領主・井伊直虎を主人公とした物語である。主演は柴咲コウ。(Wikipediaより)

 

直虎は、大河にするほどの大人物かと言われるとそうでは無いようで、大河ドラマの主役にするにあたり、疑問の声もあったようです。

女性を主演にした大河ドラマの難しさですね。

 

河合克敏とは

柔道漫画・競艇漫画・書道漫画など、なかなか取り入れられないテーマを漫画にする天才です。

 

17/07/24発売『週刊スピリッツ』

17/07/24発売の『週刊スピリッツ』に河合先生の短編漫画が掲載されました。

その題名は「「大河」が町にやってきた」です。

河合先生の故郷が、井伊直虎の舞台ということで、直虎が大河ドラマに選ばれた理由を取材し、短編漫画として描いていました。

「大河」が町にやってきた 内容

凄く簡単に説明すると、

河合先生は、地元でありながらもあまり有名では無い直虎が大河の主役に抜擢されたことに疑問を持っていいました。

そこで、大河の主役に決定した起源を探ることに。

当時の資料をもっている人などに取材した結果

最初はNHKで放送されている「歴史秘話ヒストリア」にて直虎に関しての特集が組まれました。

2014年に放送された直虎特集「歴史秘話ヒストリア」のバックナンバーはこちらです。

「歴史秘話ヒストリアそれでも、私は前を向く~おんな城主・井伊直虎 愛と悲劇のヒロイン~」

その「歴史秘話ヒストリア」の企画をみた大河のプロデューサーが直虎の大河起用を決定した。

というものでした。

そして、最後に「歴史秘話ヒストリア」ではなぜ直虎を取り上げたのか、という結論に。

それは、ディレクターが『戦国無双』などの歴史ゲームで直虎が好きだったから、だそうです。

 

凄く割愛して書きましたので、詳しく知りたい人は、是非『週刊スピリッツ』を読んでください。

結論

つまり、大河ドラマ「おんな城主 直虎」が生まれた起源は、『戦国無双』の直虎が可愛かったから

ということみたいです(笑)

 

それはそうと、河合先生の次回作に期待しております!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る