鈴木亮平が死ぬまでに行きたい世界遺産ベスト3【1番だけが知っている】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「1番だけが知っている」(18/05/09放送)で、芸能界屈指の世界遺産マニアとして知られる鈴木亮平さんが、『死ぬまでに絶対行きたい世界遺産』ベスト3を発表したので、その理由と一緒にまとめました。

 

 

 

 

鈴木亮平が選ぶ死ぬまでに行きたい世界遺産ベスト3

18年5月9日放送「1番だけが知っている」で発表されたランキングです。

合格率2割といわれる「世界遺産検定1級」の資格を持つ鈴木亮平さんが選んだランキングです。

 

3位 エンジェルフォール

 世界最後の秘境 

南米ギアナ高知のカナイマ国立公園にあるエンジェルフォールです。

世界一の落差を誇る滝で、あまりの高さに滝の水が消えてしまう絶景。

 

I ❤ you 🇻🇪さん(@mi_amadavenezuela)がシェアした投稿

鈴木亮平さんは、滝を見るだけではなく、その山頂に登ってみたいそうです。

 

2位 サマルカンド

 美しき青の都と呪いの伝説 

 

Yamashita Tomohiroさん(@yamasitatomohiro)がシェアした投稿

ウズベキスタンです。

サマルカンドブルーといわれている独自の青色を使ったイスラム建築。

中に入ると、外の青色から一変してキンキラキンの装飾が施されているそうです。

 

Shigeyuki Ogawaさん(@geshi_14os_g)がシェアした投稿

鈴木亮平さんが見たいのはティムールの棺です。

世界最強の武将とも呼ばれるティムール。

サマルカンドの霊廟の地下にはティムールの棺があり、「この棺を開けたものは私よりもっと恐ろしい征服者を解き放つだろう」と書かれているそうです。

77年前に棺を開けてしまっており、その棺を開けた数日後にナチスドイツがソ連に侵攻したんだそうです。その後一度も棺は開けられていません。

 

1位 エローラ石窟寺院郡

 世界最大の彫刻作品 

インドのムンバイにある世界遺産です。

 

@yukoetyuna_lunaがシェアした投稿

ひとつの岩をノミでくりぬき、150年かけて作った寺院なので、つなぎ目が無いそうです。

 

以上鈴木亮平さんが死ぬまでに行きたい世界遺産ベスト3でした。

なお、同じ番組で紹介された、世界遺産のプロデューサーが選んだ、22年間でもっとも感動した世界遺産はこちらです。

TBS「世界遺産」のプロデューサーが選んだ1番の世界遺産は?