月9ドラマ【SUITS/スーツ】アメリカ版とのキャスト比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フジテレビの月9ドラマ「SUITS/スーツ」がいよいよ放送されます。そこで、アメリカ版とのキャストを比較しました。



 

 

 

【SUITS/スーツ】アメリカ版とのキャスト比較

18年10月8日からスタートする「SUITS」のアメリカ版と日本版のキャストを比較しました。

ハーヴィー・スペクター/甲斐正午

負け知らずの敏腕弁護士。どんな汚い手段を使ってでも法廷では負け知らず。

ガブリエル・マクト

 

View this post on Instagram

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

織田裕二


マイク・ロス/鈴木大貴

瞬間的に記憶する能力を持った天才。

弁護士を目指して大学に通っていたが、学費を工面するために行ったカンニングの手助けがバレて退学に。その後は違法なこともしつつくすぶっていたが、ハーヴィーと出会い、無免許の弁護士として働くことに。

 パトリック・J・アダムス

 

View this post on Instagram

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

中島裕翔


ジェシカ・ピアソン/幸村チカ

ピアソン・ハードマンの所長で、常に冷静沈着な才媛。ハーヴィーを諌める役柄だが、事務所を守るためにはハーヴィー以上に手段を選ばない一面も。

 ジーナ・トーレス

 

View this post on Instagram

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

鈴木保奈美


ルイス・リット/蟹江貢

ハーヴィーとはライバル関係にある弁護士。同じ事務所の中でどちらが先に出世するかを争っている。

クセの強いキャラクターでイヤミなセリフも多く、嫌われ者だが最後には憎めないという存在。

リック・ホフマン

 

View this post on Instagram

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

小手伸也


ドナ・ナ・ポールセン/玉井伽倻子

ハーヴィーの秘書。以前は恋人であったこともあり、ハーヴィーの性格をよく熟知している。秘書でありながら事務所の屋台骨を支える存在。

サラ・ラファティ

 

View this post on Instagram

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

中村アン


レイチェル・ゼイン/聖澤真琴

事務所で働く弁護士志望のパラリーガル。のちのちマイクと付き合うことになる。

メーガン・マークル

 

View this post on Instagram

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

新木優子


 

さらにマイクの悪友であるトレヴァー・エバンス/谷元遊星を磯村勇斗さんが、アメリ版ではトレヴァーの彼女であるジェニー・グリフィス/ 谷元砂里(日本版では妹)を今田美桜さんが演じるようです。



 

以上、「SUITS/スーツ」アメリカ版と日本版のキャスト比較です。

アメリカ版ではクセの強いキャラクターが多いですが、日本の俳優さんたちがどのように演じるのか、楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る