『視聴率 ふしぎ発見!』タイムシフト視聴率1位は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バラエティ

「ジョブチューン」(17/09/30放送)の番組内で、「視聴率ふしぎ発見」という企画内で草野仁さんが視聴率の謎に迫りましたので、その内容をまとめました。

 

 

視聴率ふしぎ発見

「ジョブチューン」(17/09/30放送)の中の企画の一つです。

草野仁さんが自身が司会を務める番組「世界ふしぎ発見」とかけて、

本人がミステリーハンターとなって視聴率の謎に迫りました。

草野仁さんがミステリーハンターになったのは、番組的にも初めてのことだそうです!

 

視聴者の疑問

最近の番組はなぜ6時55分など中途半端な時間からはじまるの?

フライングスタートという手法

他局の番組よりも早く始めることで、視聴率を奪いやすくするという手法です。

3時間や4時間スペシャルが多いのははなぜ?

『またぎ』を意識している。

『またぎ』とは、時間が変わる瞬間のことで、『またぎ』の時間は視聴者が番組を選ぶ時間なのでその時間を無くすことで視聴率アップに繋がる。

 

 

 

視聴率とは

ビデオリサーチ社のみが集計することができる視聴世帯の割合です。

あくまでも世帯なので、視聴者数ではありません。

集計世帯

関東地方では900世帯から計測機械を設置して集計しています。

毎月40世帯ずつ入れ替わっており、2年間で900世帯全てが入れ替わります。

 

タイムシフト視聴率

2016年10月からタイムシフト視聴率として、録画した番組を放送日から一週間以内に見られた率を集計しています。

タイムシフト視聴率1位

2016年10月~2017年8月で一番タイムシフト視聴率が高かったのは、

「逃げるは恥だが役に立つ」第9話です

平均視聴率は16.9% タイムシフト視聴率17.5% 総合視聴率は30.0%

タイムシフト視聴率もビデオリサーチ社のサイトから確認できますので、

気になる方はごらんください

サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る