【戦国大名総選挙】国民・専門家・AIが選ぶ本当に強い戦国大名ベスト30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「国民・専門家・AIがガチで選ぶ戦国大名戦国大名総選挙」が2020/12/28に放送されたので集計方法やランキング結果に関してまとめました。

 

 

 

国民・専門家・AIが選ぶ本当に強い戦国大名ランキング

2020年12月28日放送「国民・専門家・AIが選んだ 戦国大名総選挙」の結果をまとめました。

ちなみに過去にテレビ朝日で放送された戦国武将系のランキング番組では次のような結果になっています。

【戦国武将総選挙】愛される戦国武将1位織田信長国民から愛される戦国武将ベスト30!

【Qさま調べ】強い戦国武将1位武田信玄歴史のプロが選ぶ1番強い戦国武将ランキングベスト15

 

さて今回の結果はどうなるのか見てみましょう!

30位 毛利輝元

毛利元就の孫

29位 龍造寺隆信

現在の長崎、佐賀県を中心に活躍した北九州の覇者。

28位 柴田勝家

統率と武力で高い数値を獲得。

27位 上杉景勝

現在の新潟県をおさめた、上杉謙信の後継者。

26位 加藤清正

獲得ポイント 12400 

関ケ原の戦いのあと、肥後のくにを復興し、熊本城を建てた築城の名手。

 

25位 今川義元

獲得ポイント 12,700 

一般部門29位、専門家部門20位、AI部門31位。織田武田らに囲まれつつも活躍した大名。

POINT有力な家臣と村の者でチームをつくり、戦で結果を出せば土地や褒美を与えるというシステムを作り出した大名

24位 浅井長政

獲得ポイント 13,100 

琵琶湖の北側を収めていた大名。

信長と義理の兄弟だったが、信長と戦うことになり、ピンチに陥るも民衆の力を借りて信長を最も追い詰めたと言われています。

23位 前田利家

獲得ポイント 13,200 

加現在の石川県の金沢城を中心にした大名。現在にものこる加賀百万石の礎を築きました。

POINT戦国随一の槍の使い手と言われています。

 

22位 大谷吉継

獲得ポイント 13800 

関ケ原の戦いでは失明状態で西軍の武将として出陣しました。

POINT白い頭巾は若くして患った難病が原因で、ただれてしまった顔を隠すためと言われています。

21位 井伊直政

獲得ポイント 14300 

一般部門21位。専門家23位。AI20位を獲得。

滋賀県彦根市をおさめていた大名。

城下町の整備を行い、彦根発展の基礎を築きました。

戦場では真赤な鎧で井伊の赤鬼と恐れられ、徳川家康の筆頭家臣として活躍。

POINT家康に最も愛された家臣と言われています

20位 石田三成

獲得ポイント 14500 

関ケ原の戦いで西軍の大将。

緻密な計算により先を読む能力に長けていた人物です。

POINT寺の僧侶による諜報活動によって情報を集めて、戦に勝ったこともあるそうです。

19位 藤堂高虎

獲得ポイント 15100 

一般部門31位。専門家21位。AI12位を記録。

江戸城、大阪城、今治城など20以上の城を考案。使える主君を変えることでも有名。

POINT日本のお城を最終的に完成させた築城の名手と言われています。

18位 小早川隆景

獲得ポイント 15400 

毛利元就の三男。

17位 北条氏康

獲得ポイント 15900 

一般部門30位。専門家9位。AI21位を獲得。

上杉謙信、武田信玄と並ぶ大名。小田原城で鉄壁の守りと攻めを誇っていた。

16位 蒲生氏郷

獲得ポイント 16000 

一般部門32位。専門家21位。AI8位とAIからの高い評価を獲得。

現在の福島県会津をおさめていた大名で、会津若松という地名を付けた人物。

幼いころは信長に捕らわれていた人質ですが、その才能に気づき信長の娘「冬姫」と結婚させ、秀吉は100万の指揮をさせてみたいと評価したと言われています。

POINT長くて目立つなまずのような兜をかぶり、戦場の最前線に立っていたと言われいます。



 

15位 北条早雲

獲得ポイント 16300 

室町時代の終わりに、支配した国の田畑に課税する「検地」を初めて行った戦国大名で、日本初の戦国大名となった人物。

POINT牛1000頭にたいまつをつけて、大軍に見せかけたという逸話も!

14位 立花宗茂

獲得ポイント 16400 

一般部門22位。専門家8位。AI28位と専門家からの高い評価を獲得。

豊臣秀吉に仕え、秀吉亡き後も徳川幕府の中枢で活躍。

POINT豊臣秀吉に西国で最強と言われた人物

 

13位 斎藤道三

獲得ポイント 16700 

戦国時代の初期に活躍した、信長に多大な影響を与えた人物。

低い身分から様々な画策を行い、下克上によって成り上がった大名。

POINT石垣が発見されたことで、石垣で敵を防ぐ城づくりの元になるものを作っていた可能性があります。

12位 明智光秀

獲得ポイント 17400 

一般部門8位。専門家15位。AI29位と一般部門で高評価。

頭がよく、鉄砲の達人ともいわれています。本能寺の変で謀反者として名高いが、地元では愛されていた。

POINT本能寺の変で、同士討ちにならないように足元をみて、裸足の人物を討つように指示していた。

11位 島津義弘

獲得ポイント 18100 

一般部門17位。専門家6位。AI投票24位と専門家からの高評価。

現在の鹿児島県と宮崎県の一部をおさめており、南九州を800の城を使った鉄壁の守りで統治していた。

家臣が怪我をしたら医学に精通していた島津義弘本人が手当てをしたと言われています。

POINT7千の兵で20万の明・朝鮮兵を倒したという伝説があります。

 

10位 本多忠勝

一般部門14位。専門家10位。AI部門17位。

喧嘩自慢で57戦負けなしの強すぎる大名。

戦国最強と言われ、家康に天下を取らせた。

9位 真田昌幸

獲得ポイント 21500 

一般部門7位。専門家部門12位。AI部門9位。

天下統一間際の家康軍を二度も撃退した。

8位 黒田官兵衛

獲得ポイント 21600 

一般部門13位。専門家部門16位。AI部門2位とAIが高評価。明智光秀、柴田勝家に勝利したことでAIが高く評価したと思われます。

豊臣秀吉の参謀として天下統一を支えた人物。

7位 伊達政宗

獲得ポイント 22600 

一般部門2位。専門家18位。AI部門7位。

戦だけでなく、海外貿易も行おうとしていた新しいものを次々と取り入れた大名。

実用的な甲冑を使っていた。

6位 徳川家康

獲得ポイント 23000 

一般部門4位。専門家部門3位。AI部門18位と人間は高評価なものの、AIの評価は伸びず。

敗戦の多さがAIの評価を下げたようです。

POINT誰よりも健康に気を使っており、戦国大名の中で医学の知識を一番持っていたとも

5位 毛利元就

獲得ポイント 24000 

一般部門9位。専門家部門7位。AI部門3位を獲得。AIによる戦力データでは知力で100点満点。

三本の矢で有名な武将。

大出世のきっかけになったのは、2万人の兵力をもつ陶晴賢に対したった3千人程度の兵力で奇跡の逆転勝利をおさめた「厳島の戦い」

POINT厳島の戦いではスパイに偽情報をつかませることで、勝利をおさめた。

4位 上杉謙信

獲得ポイント 24600 

一般部門3位。専門家部門4位。AI部門10位。戦力データでは武力で100点満点を獲得。

幕府の権威が失墜していた時代に、現在の新潟県付近を支配した大名。

「手取川の戦い」では破竹の勢いであった織田信長軍を撃破。

最強と言われた武田信玄とは5度の戦いでも決着がつかなかった。

POINT強いだけでなく、青苧という植物を貿易することでお金を稼いでいた。

3位 豊臣秀吉

獲得ポイント 0 

一般部門6位。専門家部門5位。AI部門4位。

農民から天下人になった唯一の大名。

経済を重視した統治を行っていた。

専門家からは人心掌握術がすごいという意見が多くみられました。

2位 武田信玄

獲得ポイント 26500 

一般部門5位。専門家部門1位。AI部門6位。

戦国の世で恐れられた百戦錬磨の大名。

専門家アンケートでは結束力、人望などに注目した意見が多くみられました。

1位 織田信長

獲得ポイント 29500 

 

一般部門1位。専門家部門2位。AI部門1位。

誰でも自由に商売ができる楽市楽座、南蛮貿易、日本初の天守をもつ安土城の築城など新しいものを取り入れつつリーダーシップもある。

 

以上が「戦国大名総選挙」結果でした!

(画像は楽天リンクです)

今回の放送で戦国大名のエピソードを演じた若手俳優をまとめたページはこちら⇒【戦国大名総選挙】戦国大名を演じた若手俳優まとめ