横浜中華街・炒飯・点心・麺人気ランキング【ニノさん 飯-1ぐらんぷり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ニノさん」(2020/12/27放送)で中華街の人気グルメベスト3を当てるという企画『飯-1ぐらんぷり』が放送され、中華街の炒飯、点心、麺の人気グルメベスト3が紹介されたのでランキング結果をまとめました。

 

 

 

【ニノさん】飯-1ぐらんぷり 中華街編

飯-1ぐらんぷりとは2020年12月27日放送「ニノさん」での企画です。

番組独自が集計した中華街の人気グルメを炒飯部門、点心部門、麺部門のランキングベスト3を当てるというものです。

(※取材が許可されたお店限定のランキング結果です)

ちなみに今回は2回目の放送で1回目は新橋駅前ビルのグルメランキングでした⇒新橋駅前ビルのランチグルメランキング【ニノさん 飯-1ぐらんぷり】

炒飯部門ベスト3

3位 石焼きフカヒレ姿煮チャーハン(鳳林)

 

石鍋を使ったチャーハンで自分で混ぜながら食べるチャーハン。

1500円するフカヒレを使用しているのに価格が1,980円で食べられるという赤字覚悟の商品です。

2位 元祖黒チャーハン(福満園)

 

横浜グルメフェスで6度も受賞している名店の炒飯です。

少し甘くあっさりとした味が特徴の上海たまり醤油を使うことで黒いチャーハンに。

1位 渡り蟹あんかけ炒飯(龍鳳酒家)

 

毎日仕入れている美味しい状態の蟹を使用。

カニの甲羅が入った贅沢なチャーハン。

 

点心部門ベスト3

3位 元祖海老のウェハース巻き揚げ(菜香 新館)

 

周りがカラッと上がっていて、中には大きいのプリっとした海老が入った、食感が人気の商品。

遠方からこのメニューを目当てに訪れる人もいるほど。

2位 ブタまん(江戸清)

 

直径11センチ、高さ7センチ、重さ250gの大きなブタまん。

大きさだけでなく、厳選された国産の豚を使い、野菜と海鮮のバランスの良さが特徴です。

1位 水餃子(中国家庭料理 山東)

 

ミシュランビルグルマンに選ばれたお店。

ココナツ、ラー油、醤油などを混ぜて作った自家製のココナツダレで食べるのがオススメ。

 

麺部門ベスト3

3位 香港海老雲吞麺(南粤美食)

 

本場香港から仕入れている細麺が鶏ガラスープによくからみ、海老をたっぷり使用したワンタンが絶妙。

2位 タンタンメン(揚州麺房)

 

横浜中華街で初の麺専門店です。

上質なゴマダレを使っているので濃厚なスープに。

辛さと麺のバランスがよく、奥が深い担々麺です。

1位 上海焼きそば(萬来亭)

 

約5mmもある極太の自家製麺が特徴。

濃厚で奥深い甘みとモチモチ食感がやみつきになる焼きそば

タンタンメン(揚州麺房)

 

以上が横浜中華街の人気グルメでした!