加藤シゲアキの不登校と教育の考え方のやり取りまとめ【NEWSな2人】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「NEWSな2人」(18/07/20深夜放送)で、NEWSの加藤シゲアキさんがポリアモリーの家族を取材。そこで不登校児に関する考え方や対応が話題になっていたのでまとめました。



 

 

 

「NEWSな2人」とは

ジャニーズのグループNEWSの小山慶一郎さんと加藤シゲアキさんがMCの番組で、様々なテーマや問題について考えていく番組です。

ポリアモリーの家庭を取材

 18年7月20日深夜の「NEWSな2人」で加藤シゲアキさんがポリアモリーの家庭を取材しました。

ポリアモリーとは

複数の人と合意の上で恋愛関係を築く概念です。

家族構成

今回取材した若狭家はポリアモリーなだけでなく、シングルマザーを含めた家庭環境となっており、かなり複雑です。なので、相関図にしてみました。

 

元々は、夫婦間でセックスレスとなったことがきっかけで、妻が彼氏を作り夫はそれを公認、同居をしていたのですが、更にシングルマザーを支えていく制度に登録していたことで、市川さんと知り合い、市川さんも同じ家で同居をすることになったそうです。

加藤シゲアキの不登校と教育の考え方

シングルマザー市川さんの長女(10歳)と次女(8歳)が学校に行っていないことでやり取りがあったのでまとめました。

長女とのやり取り

加藤「学校嫌いなの?」

長女「嫌いなの」

加藤「なんで?」

長女「先生にやれって言われたことがやりたくなくてもやらなきゃいけないし、やらなかったら怒られるって謎だよね」

加藤「アメリカ人みたいだね」

長女「学校でないことを勉強してる」

加藤「例えば?」

長女「どんなことか分からない」

加藤「何か、習ってるの?」

長女「習い事してないよ」

加藤「生きてくなかで学んでいくみたいな?」

長女「生きてく中で学んでいく……」

加藤「どういうこと勉強してるの?」

長女「普通にただ毎日過ごしてるだけ」

若狭(夫)「加藤さんは学校に行った方がいいかと聞かれたときにどう答えますか?」

加藤「俺は行った方が良いと思う。別に生きていければ良いと思うんですけど、後々学びたいってなった時に後悔すると思うんですよね」

妻「学びたいと思ったときから学のでは遅い?」

加藤「学び方が分からないと思う」

長女「学び方を学ってどういう意味? 学び方なんてどうでも良くない? だって学びたいことを学べば良いだけじゃん、学びたい所から」

加藤「(例えば)コックさんになりたいって思ったときにコックさんになる方法がわからなったりする。でも友達がいて色んな勉強をしてくると、『こうやったらコックさんになりやすいな』とか」

長女「でもさ、今からコックさんになりたいって言うとするでしょ?そしたら自分のしたいことからコックさんになるための事をしようと思う」

加藤「それも良いと思う。毎日料理の勉強をするとか」

長女「学校に行かなくてもそれは出来てると思うんだよね」

加藤「今はそう思うかもしれないよね。でも俺は、大人になって小学校で学んだことがいっぱい勉強になったなって思う」

長女「まぁ~それ人それぞれじゃない?」

加藤「人生やり直せないってわけでも無いし、いつからでもスタートは出来るし。先生みたいになっちゃった(反省)」

長女「大丈夫。先生だとは思ってないから」

親である市川さんとのやり取り

長女の母親であるシングルマザー、市川さんと加藤シゲアキさんとのやり取りをまとめました。

加藤「人ってそんなに主体性に決めてないんですよね、実は。主体性ってあんまりなくて、その人の主体性っていうのは、色んなものの人生から考えてきたこととか、選択するうえでの主体性は出来てるようでさせられてる」

市川「それも含めての自分っていうのもあるじゃないですか。それを選んだ結果、違う結果になったときに考え方を変える」

加藤「もっと考えれば良いと思う。「堅苦しいから行かない」ならなんで堅苦しいと思うのか。そこまで考えたのだとしたら、大人に求めるんじゃなくて自分で考えさせた方が良い」

市川「それは確かにね。(同居している大人4人が別々の考え方をしており、誰かの言うことを聞いているというわけではないから)それこそ主体的に行動してる気がする。だから主体性が無いと言われると違う気がする」

加藤「別に批判してるわけではなく、『(学校に)行った方が良い?』と聞かれたら答えたのであって、批判ではないです」

市川「違いを知って自分を知るってことを?」

加藤「哲学的な質問だったから、真面目に考えた」

市川「真剣に答えてもらって、嬉しかったです」

 

以上、加藤シゲアキさんの教育に関する考え方のやり取りでした。

Twitter上では、様々な意見が飛び交っているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る