【月曜から夜ふかし】フジタの挑戦状Tシャツを着ていたのも芸人だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「月曜から夜ふかし」(18/07/02放送)で『フジタの挑戦状Tシャツ』を着てインタビューを受けた男性はぴっかり高木さんという芸人さんだったようです。



 

 

 

月曜から夜ふかしに「フジタの挑戦状Tシャツ」が!

18年7月2日放送「月曜から夜ふかし」での街ゆく人に恐怖体験を聞くという企画で、「フジタの挑戦状Tシャツ」を着ている男性にインタビューをしたことで、Twitterで話題になっていました。

フジタの挑戦状とは

ファミコンに1千万円使ったというファミコン芸人です。ゲーム好きの間では有名な芸人さんです。

その芸人さんのグッズが「フジタの挑戦状」シリーズでTシャツ以外にも販売しています。

Tシャツを着ていたのは?

その「フジタの挑戦状Tシャツ」を着てインタビューを受けていた男性は、ぴっかり高木さんという、こちらも芸人さんでした!

吉本興業所属で、『山梨住みます芸人』として山梨県に住んでいるようです。

また、ドラゴンボール芸人のナッパでもあります。

インタビュー内容

月曜から夜ふかし内で、恐怖体験を語った内容はこちらです。

今山梨に住んでて、空家があったからお借りしてて。前におばあちゃんがおばあちゃんが住んでたんです。

全然知らない人で、(家が)汚かったんですよ、蜘蛛の巣とか。それを片付けてくれたんですけど、どうしてもこれだけは捨てられないと残ったのが、亡くなったおじいちゃんの遺影で……。

怖いんで何とかしてくださいっていったら「わかりました」って言ってどこ行くのかなと思ったら、二階の物置に遺影を置きだして……。結局家にあるやんって……。

そしたら、二階誰もいないのに物音がして、人が歩くようなカタカタカタという音が。その音がだんだん大きくなってきて、バタンと倒れる音がしてなんやーと思って見に行ったら、山から降りてきた猿が暴れてたんです

と、ちゃんと落ちのある話しとその話術にマツコさんも「この人上手いわね~」と賞賛していました。

さすが芸人さんだったわけですね!