マツコの疑問解消!コミケで行列が手を上げて移動する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バラエティ

「月曜から夜ふかし」(17/09/11放送)でコミックマーケット(コミケ)を取材。そこで、手を上げながら移動している人たちを見て「なんで?」とマツコデラックスさんが疑問を呈していたので、調べてみました。

 

 

月曜から夜ふかしとは

関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスがお送りする「月曜から夜ふかし」
この番組は、世間で話題となっている様々な件に対して
ちょっとだけ首を突っ込んだり 突っ込まなかったりする番組です(番組HPより)

コミックマーケット

3日間ののべ動員数50万人以上

経済効果180億円

などなど、日本最大級のイベントです

コミケマナー

「月曜から夜ふかし」が取材したさい、手をあげながら列を作って移動するというルールを紹介。

その理由を「割り込み防止のため」と紹介しました。

ちなみに、列を作っているとき、手をあげながら歩かないと白い目で見られるとか……。

動画

 

こちらの動画では見づらいですが、手を上げながら移動しています。

 

マツコの疑問

「なんで手をあげることが割り込み防止になるのぉぉぉぉ?!」

ということなので、調べてみました。

手をあげながら移動する理由

手をあげながら移動する理由は「遠くからでも見える」「列の移動がわかりやすい」のふたつです!

遠くからでも見える

一般的に「手を上げて歩く」として思い浮かべるのは、横断歩道を歩くときですよね!

 

 

 

 

 

 

これは、遠くからでもよく見えるようにという意味を持っています。

そして、コミケのルールでも同じです。

 

列の動きがわかる

日本マナー・プロコトール協会のHPでマナーの一例として、コミケが取り上げられています。

そのページはこちらです。

日本マナー・プロコトール協会によると

たいへん多くの人が来場するので、当然、会場に入るためには気の遠くなるような長蛇の列ができます。それにも関わらず列はびっくりする整然としていて、しかも移動する列の人達は手を上げながらゆっくり歩くそうです。その理由は、周囲の人にも、列の動きがわかるようにするためだそうです。

と、素晴らしきマナーの一例として紹介されていました。

マツコの疑問解消

手をあげながら移動する理由がわかったところですが、

マツコさんの疑問「手をあげることが割り込み防止になるのはなんで?」という疑問の解消にはなっていません。

ここから掘り下げていきます。

 

そもそも、割り込みはしない!

そもそものルールとして、『割り込みは禁止』です!

これは、コミケに限らず、日本人ならわかるマナーですよね。

特にコミケに集まる人たちは、その性質上からかこのようなマナーに厳しいです!

つまり、コミケにくる人たちは前提として『割り込みをしない』のです。

ですが、コミケはのべ50万人が一箇所に集まる大イベント。

人が溢れており、きせずして、意図せずに割り込みをしてしまうという可能性があります。

そこで手をあげることで、遠くからでもわかるように、『ここは列ができています』と提示することで、割り込みという偶然を防いでいるわけです。

結論

つまり、手を上げながら列をつくることは「割り込み防止」ですが、

正確には「誤って列に入ってしまう人を防ぐ」ということです。

前提として「割り込まない」というマナーがあるからこそのルールというわけですね!

あとは、ここは「列なんだぞ」という牽制の意味もあるかもしれません。

 

以上、マツコさんへの疑問解消でした。