健康長寿がよく使う『油』ランキング【林修の今でしょ調べ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「林修の今でしょ!講座」(18/05/29放送)で健康長寿の方1000人に聞いた、よく使っている『油』ランキングが発表されたのでまとめました。



 

 

 

健康長寿がよく使う『油』ランキング

18年5月29日放送の「林修の今でしょ!講座」で、健康長寿の方1000人から集計したランキングです。

※画像リンクは参考商品です。

油の主な役割

・脳を正しく機能させる

・皮膚や細胞の保護

・体内のエネルギー源

人間の脳の約60%油で出来ており、油が不足すると脳の機能が低下し「認知症」や「うつ病」の要因にもなるそうです。

ランキング

5位 菜種油

4位 えごま油

3位 亜麻仁油

亜麻仁油に入っている栄養素「α-リノレン酸」には結婚を広げ、柔らかくする効果があるそうです。

牡蠣やアボカドといっしょに食べるとより効果があるということでした。

食べる直前にかけるのがおすすめです。

 

2位 ごま油

セサミンが肝臓を活性化してくれるため、お酒との相性が良い油です。

ごま油を使った餃子は二日酔いには良いそうです。

ごま油を使ってきんぴらごぼうを作ることがオススメ。

1日小さじ1杯が目安ということです。

 

1位 オリーブオイル

 心臓に良い、加熱に強い、手軽に調理できるという欠点の見当たらない完璧な油だということです。

麻婆豆腐を作るときにオリーブオイルを使うのがオススメとのことでした。

加熱する際は普通のオリーブオイル。そのまま食べるにはエクストラバージンオリーブオイルが良いとのことです。

 

ただし、摂り過ぎには注意が必要とのことでした