「ホンマでっかTV」で出たモンスタークレーマー情報のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バラエティ

「ホンマでっかTV」(17/09/07)で専門家によって紹介された悪質なクレーマー情報をまとめました。

 

 

17/09/07に放送された「ホンマでっかTV」の企画で、モンスタークレーマーの実態を紹介しました。

専門家

マーケティング 牛窪恵

企業クレーム評論家 谷厚志

 

クレーム対応評論家 中村友妃子

歌舞伎町クレーム評論家 三輪康子

 

クレーマーの実態

ヤバイモンスタークレーマーの実態①
無料サンプルを使って痩せないと切れるクレーマー集団

商品には必ず「個人差があります」と表記しているが、効果のなかった人がSNSで仲間を募り集団でクレームを入れる。

そして、SNSを使って集団でクレームを入れてくる。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態②
クレーム中の音声や動画をネットにアップするYouTuber

担当者の謝罪している姿をYouTubeにアップして再生数を稼ごとうとするクレーマーがいる。

謝罪や説明をしても引き下がらず、土下座など何かが起こるまで動画を撮影し続ける。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態③
100回謝るまで許してくれないおじさんクレーマーがいる

「100回謝れ」というクレーマーがクレーマー業界では実しやかに伝わっていて、実際に現れた。

そのおじさんは、「すみません」と謝る度にカウントをはじめ、100まで数えようとする。

最終的には「謝って許してもらおうとしやがって、もういい」と言って電話を切る。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態④
綿棒と爪楊枝が1mmずれていると切れるクレーマーがいる

ホテルに連続宿泊中のお客が、帰ってきたときに元の配置から1mmでもずれていたらキレる。

ホテル側は従業員に対しトラブルを避ける為、お客の私物には触らないように教育しているが、風などでずれることが。それだけでクレームになる。

全国のホテルでクレームを言い、お詫びの金品を狙う常習者。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態⑤
自宅へ謝罪に来させ、座布団の下にメガネを隠しておくクレーマーがいる

品物に対してクレームをつけ、「謝罪しに来い」と担当者を自宅に呼びつける。そこで招いておいて、座布団の下にメガネを忍ばせておき、座布団に座ったらメガネが割れたと弁償を請求する。

厳密には、クレーマー側の損失だが、高圧的に迫られたりすることで言いづらい雰囲気になって弁償の念書を書かされる。

ヤバイモンスタークレーマーの実態⑥
シェフの気まぐれサラダはクレームになりやすい

以前食べた『気まぐれサラダ』が美味しかったのに、次に訪れたときに頼んだ『気まぐれサラダ』のクオリティが低すぎてクレームにつながった。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態⑦
テレビのCMと比較してクレームを入れる人がいる

イルカショーのイルカが思ったより上に飛ばなかったというクレームがあった。

テレビのCMだと凄く飛んで、水しぶきも飛んでいたのに、実際には全然飛んでいなかった。「思ってたのと違う!」とクレームになった。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態⑧
参考書に『ここがヤマ!』と書いてあったのに試験に出てこなかった事にキレる人がいる

最近、出版社によくあるクレーム。

参考書で勉強し、上京して資格試験を受けたが、「ここがヤマ」と書いてあったのに出なかったと、出版社に乗り込んで、5時間抗議。お腹が減ると出前までとった。

自分は他の人を代表していると言い張って、交通費や宿泊代を出版社に請求した。

最近は「ヤマ」や「ポイント」は使われにくくなってきた。代わりに「注目」や「いいね」と表記が変わった。

 

ヤバイモンスタークレーマーの実態⑨
食品の賞味期限が切れたから交換してくれと言ってくるクレーマーがいる

まとめて購入すると安いので、大量に買ったが食べきれず賞味期限が切れてしまった。

最初は「賞味期限が1日切れたけど食べられますか?」という聞き方をしてくる。

そこから交換させようと粘ってくるクレーマーがいる。

 

結論

知っていれば対応できるクレームから、知っていてもどうしょうもないクレームまで様々でした。

ですが、知っておいて損はない情報だと思います。

ゴネ得な世の中は嫌ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る