ヤマグチクエスト珠玉の一本「ボクと魔王」プレゼン!【勇者ああああ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ゲームバラエティ番組「勇者ああああ」(17/10/06放送)でヤマグチクエストさんがオススメするゲーム、珠玉の一本は「ボクと魔王」でした。そのプレゼン内容をまとめました。

 

 

番組概要

暇さえあればついついゲームの話で盛り上がっちゃう出演者とスタッフで深夜番組作っちゃいます。
ゲームが絡んでいれば基本企画は何でもありのバラエティがテレ東の深夜に爆誕です。

「ゲームの面白さが何となくでもいいから伝わればいいな」がこの番組のテーマ。(番組HPより)

要約すると、ゆるゆる~なゲーム番組です!

MC

MCは、アルコ&ピースのおふたりです。

 

ゲーマーの異常な愛情

芸人かつゲーマーかつ、元いじめられっ子であった「ヤマグチクエスト」さんがゲームの愛情と魅力をプレゼンするコーナーです。

過去には

ヤマグチクエストおすすめ!「ワンダと巨像」

勇者ああああ(17/06/29)で紹介されたゲームmoonのエンディング

ヤマグチクエスト絶賛ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のエンディング

ヤマグチクエストがオススメするゲーム「428封鎖された渋谷で」

などのプレゼンが行われました。

ボクと魔王

 

今回(17/10/06放送)でヤマグチクエストさんがオススメした一本は、『ボクと魔王』でした。

ヤマグチクエストさんいわく

レビで出せるとは思ってなかった」(全然売れてないから)

埋もれてしまった密かなる名作ということです!

プレゼン内容

RPG=冒険じゃない!

これこそが本当のロールプレイングゲーム

ということで、ヤマグチクエストさんのプレゼン内容をまとめていきます。

序盤

 ・主人公の影がとても薄い 

主人公のルカくんは、影が薄く目立たない少年です。

 ・魔王との出会いで物語が始まる 

魔王スタンが300年間封印されていた壺を父親が持ってたことで、ルカくんと魔王が出会い、物語が始まります。

魔王は力を取り戻すために、ルカくんの影に入って一緒に行動することに(ルカの影が薄かったため、取り付きやすかったから)

 ・結果的に人助けをしてしまう 

魔王の意思とは反して、各地で結果的に人助けをするルカくん。

「ヒーローになりたいわけじゃなかったのに~」といったコミカルな演出がされています。

王道RPGの匂いをさせつつ、コミカルな要素が入っている。

 ・ネーミングセンスも良い 

敵の名前が「こざかしいカラス」「元気なカエル」

武器の名前は「拾った枝」「余り物の剣」

登場人物は「大きい声のおじさん」

独特のゆるい雰囲気でほんわかとしている。

実は、ここまでが伏線なのです!

中盤

物語の中盤で、個性を強める魔法陣が登場。

ルカくんの『影が薄い』という個性が強まり、誰にも存在を気づかれなくなってしまいます。

そのことがきっかけで、世界の真相に気づくことに……。

なんと!

この世界にいる全員が役割を演じていただけだったのです。

そう!『トゥルーマン・ショー』の世界です!

黒幕

そして、この世界を作った黒幕は、王女「マルレイン」です。

わがままな王女マルレインが、冒険がしたいと言ったことで、

決して王女に危害を与えられないような冒険する場所として作られたのが

この世界だったのです!

そこで

自我を持ったルカくんが、

どうやってこの世界を救うのか!

という物語です。

ここから先はゲームをやってくださいとのことです。

 

ヤマグチクエストまとめの一言

「あなたのその個性 本当にあなたが選んだ道ですか?」

 

以上ヤマグチクエストさんの「ボクと魔王」プレゼン内容のまとめでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る