ラブレターズ塚本の「ララランド」批判は、番組の罰ゲームだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バラエティ

お笑い芸人ラブレターズの塚本直毅さんが9月4日にツイートした映画「ラ・ラ・ランド」の批判は、バラエティ番組「勇者ああああ」の罰だったことが分かりました。

 

 

 

「勇者ああああ」とは

暇さえあればついついゲームの話で盛り上がっちゃう出演者とスタッフで深夜番組作っちゃいます。
ゲームが絡んでいれば基本企画は何でもありのバラエティがテレ東の深夜に爆誕です。

「ゲームの面白さが何となくでもいいから伝わればいいな」がこの番組のテーマ。(番組HPより)

芸人「アルコ&ピース」がMCのゆるゆる~なゲーム番組です!

 

ラブレターズ塚本の罰ゲーム

番組内でアルコ&ピースとラブレターズの4人でボンバーマンを行い、負けた人が罰ゲームを受けるというもので、塚本さんが負けたことで、痛いツイートをすることになりました。

それが下のツイートです。

tweet

2017/9/29朝の時点で、リツイート240件 いいね369件となっていました。(番組が放送されたのは17/9/28深夜)

番組での罰が明かされる前に『リツイート』や『いいね』をしていた人も多く。

返信していた人もいました。

罰ゲーム発表後の反応

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る