【初耳学】2021年買っておきたい進化した防災グッズ&美味しい防災食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「日曜日の初耳学」(2021/06/13放送)で美味しい防災食や進化した防災グッズなど、防災に関する商品が複数紹介されたのでまとめました。

 

 

 

進化した防災食&防災グッズ

2021年6月13日放送「日曜日の初耳学」で専門家が紹介された防災食と防災グッズです。

非常時にあった方が良い防災食3品

白米

アルファ化米 白米

水やお湯で戻せる白米です。

野菜スープ

カゴメ 野菜たっぷりスープ

災害時では野菜を採れなくなってしまうため、野菜スープを非常食として保存しておくのが良いそうです。

ツナ缶

タンパク質が不足しがちになるため、長期間保存できて、高タンパクで、そのまま食べることができる。

さらにアレンジ料理にも最適なツナ缶は使い道が豊富です。

美味しい防災食

吉野家缶詰

牛丼チェーンで有名な吉野家が販売している缶詰です。

牛丼だけでなく、缶詰でしか食べられないシリーズも販売されています。

IZAMESHI Deli シリーズ

味が薄くて水を欲しないような味になっています。

また防災食ということで、温めなくても美味しい味です。

レスキューフーズ

箱に発熱剤と容器が入っており、水をいれることで蒸気が長時間続くのでホカホカのご飯を食べることができる非常食シリーズです。

和風 鯛ごはん(HOZONHOZON)

7年間保存できるレトルト飯。

出汁が美味しい食品です。

パンだ缶

賞味期限は3年。6種類の味があり、贈り物としても最適です。

常に手元に置いておきたい防災食

備え梅

熱中症予防や疲労回復のため、塩分の強い味付けとなっています。

こちらは美味しいというよりも、非常時に助かるための防災食として紹介されました。

進化した防災グッズ

防災グッズアドバイザー・高荷さんが番組内で紹介してくれたグッズです。

今時の消費者が求める防災グッズの要素は

・誰にでも使いやすい

・日用品としても使える

・デザイン性

となっています。

MINIM+AID(ミニメイド)

まるいつつが入れ物になった防災グッズです。

①懐中電灯②多目的ケース③手回しラジオ④ポンチョ・蓋つきコップがこのコンパクトな筒に入っています。

目立つところに置いても違和感のないデザインです。

マグネ充電器

塩と水を使うことでスマホを充電することができる発電機です。

非常時には海水や尿でも充電が可能です。

エマージェンシーシェルター(ダイソー)

 

マジックミラーになったテントを作ることができるシートです。

中からは外が見えて、外からは鏡となっているため、避難場所でもプライベート空間を作ることができます。

 

以上が「日曜日の初耳学」で紹介された防災グッズの数々です。

いざという時の参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る