ハロー張りネズミ7話で橋本マナミが訪れた高級料亭はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドラマ

ハロー張りネズミの第7話に、橋本マナミさんが、複数の男性に貢がせている女性を演じました。

そこで、男性と一緒に訪れた高級料理店が実際にあるお店だったので、調べてみました。

 

 

 

ハロー張りネズミ7話あらすじ

「あかつか探偵事務所」の近所にある八百屋の店員・星野(宇野祥平)が、閉店間際にやってきては必ずネギを買って帰るある女性を調べて欲しいという依頼が。
女性は外資系企業でOLをしている中村七菜子(橋本マナミ)だと判明。また、複数の男性と交際し、デートを繰り返しては身体の関係を持ち、貢がせていることを突き止める。

調査結果に落胆する星野(宇野祥平)だが、七菜子が貢がせていたのには理由があって……。

 

七菜子(橋本マナミ)が訪れていた料亭

七菜子(橋本マナミ)がデートで訪れていた高級料亭は、本当にあったお店だったので、紹介します。

ガストロノミー ジョエル・ロブション

食べログ評価4.52 予算30,000円~

食べログのページはこちら

鮨 尚充(たかみつ)

食べログ評価4.28 予算20,000円~

食べログページはこちら

ふぐ料理 三角

食べログ評価3.39 予算8,000円~

食べログページはこちら

 

『ガストロノミー ジョエル・ロブション』と『鮨 尚充(たかみつ)』はドラマの中でも食べログ検索していましたが、さいごの『ふぐ料理 三角』だけはお店の名前もドラマでは出てきませんでしたが、外観などからこのお店で間違いないと思います。

 

以上、七菜子(橋本マナミ)が訪れていた料亭でした。

蛇足

ちなみに、風かほる役の山口智子さんが持っていた日本酒『獣祭』は見つかりませんでした。

おそらく、『獺祭』という日本酒をモチーフにしているんだと思います!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る