劇団ひとりとキンコン西野が髪を切った理由が判明【ゴッドタン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年末に放送された「クイズ正解は一年後」で劇団ひとりさんの髪型が変わっていたことで話題を呼んでいましたが、その原因が、「ゴッドタン」による劇団ひとり対西野亮廣の恒例対決であることが分かりました。

 

 

 

劇団ひとりの髪型が話題

2017年末に放送された「クイズ正解は一年後」という生放送で、劇団ひとりさんの髪型が変わっていたことで、様々な話題を生んでいました。

髪を切った理由

劇団ひとりさんが髪を切った理由は18年1月13日深夜放送の「ゴッドタン」が原因でした。

劇団ひとりさんとキングコング西野亮廣さんの恒例対決で、 『お互いどのくらい髪の毛を切ることが出来るのか?』 という中堅芸人とは思えない体を張った対決を披露。お互いに髪を切ってみせました~笑

キンコン西野の髪型

キングコング西野さんが「ゴッドタン」放送前に上げていた画像は、全部帽子を被っていたのですが、放送後に坊主姿をインスタでupしていました。

坊主になった散髪も動画にアップしていました。

蛇足

劇団ひとりさんが、キングコング西野さんの著書『革命のファンファーレ』を読んで書いた感想文が良かったので、書きおこしておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

革命のファンファーレを読んで

西野が本を書いた。どんな本かと思い手に取ったらまさかのビジネス書であった。西野が描いた「えんとつ街のプペル」という絵本を通じてビジネス界へ一石を投じている。絵本というファンタジーの世界から程遠い現実的で策略的な面が赤裸々に綴られており、売上視聴主義というある種、クリエイターにとっては残酷であり無慈悲な数字の羅列に対し、真っ向から勝負する著者の姿勢には驚かされた。

そして、かの天才ピカソは絵を描く以上に商売が上手かったと言われている。しかしゴッホにはそれができなかった。もしゴッホが本書を読んでいれば歴史が大きく変わったに違いない。未来のゴッホたちよ、本書を手に取れ。聞こえてくるのは革命のファンファーレだ。

(劇団ひとり感想文より)

番組では面白く発表していました。

 

こちらも読まれてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る