映画版「恋と嘘」原作との違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

講談社の漫画アプリ「マンガボックス」で連載中の漫画「恋と嘘」が映画化されるようですが、原作では男1人女2人の三角関係だったはずが、劇場ポスターでは女1人男2人となっています。

原作と劇場版の違いについて調べてみました。

 

 

「恋と嘘」作・ムサヲ

楽天で購入

「恋と嘘」とは、講談社の漫画アプリ・マンガボックスで連載中の漫画です。

16歳をすぎると、政府通知という結婚相手を定めた通知が届きます。

そこには政府が統計をもって定めた、確率的に幸せになる『運命の人』が記されています。

本当に好きな人か、政府が定めた運命の相手か、二人の間で揺れる心情を描いた漫画となっています。

 

つまり、機動戦士ガンダムSEEDでいうところの婚姻統制ですね。(わかる人はわかる!)

 

アニメ化もしている漫画ですが、2017年10月14日に劇場公開されます。

どうやらアナザーストーリーとなっているようなので、原作と劇場版の違いをまとめてみました。

 

登場人物比較

原作

主人公・根島由佳吏役

初恋の相手・高崎美咲役

政府通知の相手・真田莉々奈

 

劇場版

左から

司馬優翔(北村匠海) 仁坂葵(森川葵) 高千穂蒼佑(佐藤寛太)

 

比較

登場人物の名前も、男女比も違います。

原作は男1人に女2人。

劇場版は女1人に男2人。

同じ世界観の中、女性に挟まれる揺れ動くのが原作で、男性に挟まれて揺れ動くのが劇場版。

劇場版は、最近の少女漫画実写映画になぞらえて、女性目線でイケメン二人から言い寄られるという立場になっているわけです。

つまり、少年漫画を女性向け映画へと変更したというわけですが、そこが功を奏すのか、みものです。

 

原作と劇場版の関係

原作と劇場版が、世界観が同じ全く別の作品かというと、そうではないようです。

劇場版の主人公・仁坂葵という名前をみて、原作を読んでいる人ならピンとくるはずです。

原作、3巻の表紙にもなっているこの男子。

仁坂 悠介です。

原作では、主人公・根島由佳吏役に恋心?を抱いている美少年ですが、同じ苗字ですね。

これは絶対に関係している!

ということで調べてみると、6月21日に発表された追加キャスティングに答えが載っていました。

追加キャスティングによると、仁坂葵の父親役・仁坂遙一をココリコの遠藤さんが演じるとありました。

また、イケメンでモデルの叔父さんをチュートリアルの徳井さんが演じるようです(役名の発表はまだなし)

 

の父親である遙一は、仁坂 悠介の兄であり、原作の5巻に登場します。

ということは、葵は 悠介の姪っ子ということですね。

ということは、徳井義実さんが仁坂 悠介ということです!

現時点17/08/09では、まだ正式に役名が発表されていないので、徳井さんが仁坂悠介なのか、確定ではありません。

 

9/14追記とお詫び

残念なことに、徳井さんの役名が『四谷大輔』ということが、公式HPで判明しました。

仁坂遙一の弟ではなく、遙一の妻・真理恵の弟ということでした……。

つまり、徳井さんは、仁坂 悠介では無かったということになります。

予想が外れてしまいました。すみませんでした!

でも、徳井さんが仁坂 悠介だった方が、面白いと思うんだけどなぁ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る