ポケベル電波を使った防災ラジオの購入方法は?【がっちりマンデー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「がっちりマンデー」(17/10/15放送)の『あの会社は今?』という企画で、ポケベルを販売していた会社『東京テレメッセージ』が今は防災ラジオでがっちり儲けているとありましたので、購入方法を調べてみました。

 

 

あの会社は今?

17年10月15日放送の「がっちりマンデー」の企画です。

一世を風靡した会社が、現在はどうなっているのかを調べたものです。

 

東京テレメッセージ

ポケベル

東京テレメッセージと言えば、『ポケベル』です。

名前は聞いたことあるでしょうが、今はほとんどの人が持っていないですよね。

東京テレメッセージのポケベルは1996年は利用者120万人が利用していましたが、

2017年現在ではわずか1500人ということです。

調べてみると、医療関係者などが使っているようです。

防災ラジオ

現在、東京テレメッセージでは、ポケベルの電波を使った防災ラジオでがっちり儲けているそうです。

ポケベルの電波280MHzは、スマホよりも遠くに届き、

ラジオよりもしっかりと屋内に入ってくるという最強の電波なのです!

わずかアンテナをひとつ設置するだけで、東京23区をカバー出来るそうです。

購入方法

こんなスゴイものがあったなんて欲しい!

と思って調べてみましたが、販売しておりません!

なぜ???

調べて見ると、まず各自治体と契約をしており、その自治体が販売ないし貸出をしているようです。

愛知県豊田市の場合

豊田市では平成29年より工期に入っているそうです。

契約金は200,955,600円!

そりゃがっちり!ですね。

豊田市の場合、平成30年からこのラジオの販売を開始するそうです。

詳しくは豊田市のHPで確認できます。

豊田市のHPはこちら

岐阜県瑞浪市の場合

岐阜県瑞浪市の場合は、無償で貸出をしているようです。

詳しくは瑞浪市のHPで確認できます。

瑞浪市のHPはこちら

まとめ

つまり、自分がお住まいの自治体に問い合わせるなり、公式HPをみて確認するのが一番ですね。

ちなみに、東京テレメッセージが契約している自治体は、HPから確認できます。

契約自治体はこちら

お住まいの地域の自治体が契約していたら、調べてみるのと良いかもです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る