がっちりマンデーで『獺祭』特集!「もやしもん」作者の反応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

経済バラエティ『がっちりマンデー』(17/07/16放送)で日本酒『獺祭』の特集が行われました!日本酒のつくり方を知りたいひとは、是非「もやしもん」を読んでみてください!

 

獺祭とは

獺祭とは、旭酒造が日本酒の銘柄です。

獺祭(だっさい)純米大吟醸磨き二割三分 720ml専用『感謝』木箱入り【日本酒】【山口/旭酒造】【RCP】

安倍首相がオバマ大統領にプレゼントしたお酒としても有名ですね。

日本酒の消費量が年々下がっているなか、旭酒造の総売上は右肩上がりで増加。

2000年では10億以下だった売上が、2016年では108億円の年間売上となっています!

放送内容(人気の秘訣)

今回放送された「がっちりマンデー」では、獺祭の人気の秘密について迫りました!

簡単に概要を説明すると

 

製造過程

・精米過程で23%まで削る(普通の日本酒が70%大吟醸と呼ばれる日本酒でも50%)

・徹底したデータ管理

・杜氏(酒蔵の総監督)がいない

・検査は酒造りに携わるスタッフではなく、女性のパート(贔屓目が出ないように)

販売方法

・問屋を通さない、直接酒屋と取引をしている

・売り方にこだわる。ディスプレイに関しても口を出す。

・鮮度や保存状態が大切なので、獺祭を販売するのにそぐわないお店には置かない

 

これらのこだわりがあるからこそ、最高級の日本酒「獺祭」が生まれるわけですね。

 

漫画「もやしもん」

でも、これだけみても、普通の日本酒のつくり方を知らないので、

獺祭のスゴさがイマイチ分からないですよね。

特に、杜氏とか、精米歩合とか。

でも、それもこれも漫画「もやしもん」を読めば、詳しくわかります!

もやしもん(13) TALES OF AGRICULTURE (モーニングKC) [ 石川雅之 ]

菌類をテーマにした漫画で、舞台は農業大学の研究室。

主人公は、菌が目に見えるという特殊な能力をもっていますが、ファンタジーではなく

農業の現状や菌や発酵について学ぶ、リアル農業漫画となっています。

農大生は「もやしもん」か「銀の匙 Silver Spoon」を読んでることでしょう!

銀の匙(11) Silver Spoon (少年サンデーコミックス) [ 荒川弘 ]

「もやしもん」は日本酒に限らずワインやビールについても勉強になります。

お酒の製造を知るなら、この漫画は絶対に読んで欲しいです。

作者の反応

そこで気になるのが、「もやしもん」の作者である石川雅之先生が、

獺祭を製造する肝である、杜氏が居ないという制度をどう思っているのか、です。

石川先生はTwitterをやっており、過去のツイートから、先生の回答がありました!

 

石川先生は、この制度「アリ」みたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る