「内村と坂上の21世紀職人」で紹介された職人と、その商品の購入方法をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「内村と坂上の21世紀職人」で紹介された職人と、その商品の購入方法をまとめました。

「和傘」「美濃和紙」「石州瓦」「靴磨き」「ミシン」「提灯」「日本画の絵の具」「遺影用写真」「香川漆器」「有田焼」「日田下駄」「高岡銅器」の職人が開発した新しい商品の購入方法をまとめました。

 

 

 

和傘を使ったランプ

和傘職人がつくったランプです。

和傘の特徴を活かし、たたむこともできます。

古都里~KOTORI~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古都里 STペンダントランプ (KOTORI ことり 天井照明 デザイン照明 ペ…
価格:20520円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

 

美濃和紙の靴下

職人

市原慶子さん

和紙糸という和紙を細く裁断した糸を15年の歳月をかけて開発。

その和紙糸を作って、靴下やニットを作りました。

販売

コットンと同じくらいの強度で吸水性はコットンの6倍!

通気性が高く、冬は暖かいということで、靴下やニット帽に使われています。

 

市原慶子さんが手がけた商品ではありませんが、美濃和紙で作った商品はこちらです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本製美濃和紙ニット帽子3色組/NM-0006
価格:5700円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

 

石州瓦の食器

職人

亀谷窯業 亀谷典生さん

石州瓦を食器にして販売することを考案しました。

販売

焦げずに保温性が高いという特徴があるようで、「ザ・リッツカールトン」の日本料理店でも使用されているそうです。

「やねよろず」という瓦の販売店で、亀谷窯業で作った瓦食器が販売されていました。

サイトはこちら→http://yaneyorozu.com/shop/category-263/category-291/

亀谷窯業で作ったかは記載されていませんが、同じように直火耐用の瓦食器は、こちらでも注文できるようです。

 

靴磨き

職人

河村真菜さん

貴乃花の息子さんで靴職人である花田優一さんがオススメする靴磨き職人です。

お店

河村さんが働いているお店は、名古屋にある靴磨きSTAND「GAKU PLUS」というお店です。

お店のホームページはこちらです→http://www.gakuplus.net/

日本人形のボトルケース

職人

ミシン職人の百々一美さん

販売

 

 

 

 

 

「一布や」のサイトで購入できます。

サイトはこちら→http://www.ippuya.co.jp/?mode=cate&cbid=2338359&csid=0&sort=n

提灯職人

職人

小嶋俊さん小嶋諒さん

京地張り式という方式で提灯を作っている職人さんです。

量産出来ない方式ということで、一点もの、オリジナルの提灯を作っています。

小嶋さんたちの商品は、インテリアとして使われているようです。

パスザバトン京都祇園店

伝統工芸品などを販売しているお店で、そのインテリアとして使われているようです。

ホテルでも使われています。

九宿 京都ホステル

旅館 星のや京都

販売

ミニ提灯でよければ販売されていました。

 

胡粉マニキュア

職人

石田結実さん

日本画の絵の具である胡粉をつかって、マニキュアを作りました。

胡粉とは、ホタテの貝殻をくだいて作る日本画の絵の具であり、普通のマニキュアよりも爪に優しいそうです。

販売

最初に記載していたのは、類似品の商品でした。

こちらが公式HPです→https://www.gofun-nail.com/

 

遺影用写真館

職人

黒崎正子さん

女性の遺影用の写真を撮影する会社「オプシス」を経営する社長です。

老人ホームなどへの出張サービスを行っているようです。

詳しくは、ホームページで確認してみてください。

 

香川漆器

職人

浅野道子さん

赤と黒が基調だった漆器にほかの色彩を取り入れたようです。

販売

カラフルな漆器に加え、バラの器という重ねるとバラになる漆器を販売しています。

 

有田焼職人

職人

寺内信二さん

有田焼で作った円形のお重を作った職人です。

来年の伊勢丹のおせち料理の器として使用されるようです。

販売

寺内信二さんがいる李荘窯の商品です。

4段重は売り切れ、3段重は販売されていますが、在庫は少ないようです。

日田下駄

職人

本野雅幸さん

販売

制作元が記載されていなかったので、本野雅幸さん本人の作品かは確かではないですが、少なくとも、日田下駄であることは間違い無いです。

ただ、現在在庫はないようです……。

 

高岡銅器

職人

折井宏司さん

銅器に色をつける職人さんです。

薄い銅器に色をつけるのは技術があり、折井さんが開発したそうです。

販売

momentum factory Oriiの商品です。

銅器でこの色を出すのは、折井さんにしか出来ないようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本製 time and space colorfultimes 掛け時計 掛時…
価格:19440円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

 

 

以上「内村と坂上の21世紀職人」で紹介された職人と、その商品の購入方法でした。

類似品しか見つけられなかったものもあります、購入の際はお気を付けください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る